So-net無料ブログ作成

魔王/伊坂幸太郎 [講談社]


魔王 (講談社文庫 い 111-2)

魔王 (講談社文庫 い 111-2)

  • 作者: 伊坂 幸太郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/09/12
  • メディア: 文庫



最近、ラノベばっかり読んでいたので、気分の切り替えに読んでみました。ちょうど文庫版が届いたばかりだったので。余談ですが、3ヶ月くらい前にドラマの『魔王』が始まったとき、これのドラマ版かと思ったら、全然違ったというのはいい思い出です。ついでにその時は(今もかも)「魔王」と言えば、福山潤声の魔王を思い浮かべたものでした。と思ったら、本編でもシューベルトの『魔王』に言及してあったのは少し笑えました。まあ、『魔王』という文字がタイトルにつく以上、外せないものでありますが。

閑話休題。以下紹介文。

会社員の安藤は弟の潤也と二人で暮らしていた。自分が念じれば、それを相手が口に出すことに偶然気がついた安藤は、その能力を携えて、一人の男に近づいていった。五年後の潤也の姿を描いた「呼吸」とともに綴られる、何気ない日常生活に流されることの危うさ。新たなる小説の可能性を追求した物語(裏表紙より)

とありますが、超能力は特に関係ありません。本文中では、政治について語られていますが、政治批判、と言ったわけでもありません。では、この作品の角は何か。私の非常に拙い読解力で判断するには、安易に流されやすい大衆の心を描いているような気がします。そして、大衆のもつ力、それが『魔王』なのではないか、と思いました。

本編を読んでいて、確かにインターネットによって簡単に知識を得ることはできるようになりましたが、それを自分で判断できているのかあまり自信はないな、感じました。もちろん、メディアリテラシーの大切さは痛感しているのですが、まだまだ自分に都合のいい、気持ちのいい情報だけ選んで信じている気がします。このままだと、私も大衆に流される人になっていそうだと思いました。本書の犬養みたいな人間が相手だとしたら、多分私の変なアレルギーのようなものが出て、反対派に回っていそうな気がしますが。それも、自分で考えて判断しているわけではないのが問題でしょう。

『魔王』という作品では、明確な結論が書かれていません。しかし、あえて結論を出さないことで、その人なりの『魔王』像などを考えさせるようにした作品かな、と思いました。まあ、本作のテーマは、どっちが正しい、どっちかが間違いと言った二元論で語ることができないものですが。

同時収録の『呼吸』は、『魔王』ほど考えさせられる部分はなかったと思います。ただ、一つの思想に対して、賛否両方の意見を描いていたのが印象的でした。この二つの意見を比較する、と言う面では、考えさせられました。ちょっと前に読んだ『となり町戦争』も、このように、片一方の意見を、疑問の形で読者に投げかけるのではなく、両方の意見を書いていれば、もっと面白く読めたのかな、と考えながら読み進めました。ただ、最後が少し肩すかしを食らった感じでした。もう少し先まで書いて欲しかったです。ただ、『魔王』とのリンクを考えると、ここで切るのがベストかな?

『魔王』は考えさせられ、『呼吸』は純粋に楽しめ、非常に満足しました。直接的な続編ではない、とはいうものの、『魔王』の舞台から50年後の日本を描いたと言う『モダンタイムス』が来月あたり出るらしいので、そっちも読みたいです。でも、潤也が何か成した、とかなさそうだなぁ。

最後に、また余談。非常にすばらしい作品だったので、「何で、これで直木賞とれなかったんだろう」、と下世話なことを考えて調べてみたら、『魔王』ではノミネートされていなかったのですね。ただ、これがノミネートされていても、今の審査員だったら、直木賞あげてなかった気も。
ブログパーツ
nice!(3)  コメント(1) 

nice! 3

コメント 1

takao

ミナモさん、nice!ありがとうございます。
by takao (2009-11-12 23:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。