So-net無料ブログ作成

『這いよれ!ニャル子さん 9』/逢空万太 [ソフトバンク]

(あらすじ)

「さあ、いつか想い出になる物語を激写しましょう!」
 学校帰りのゲームセンター。真尋は成りゆきでニャル子とプリントシールを撮影する羽目に。
「真尋さん、携帯電話は?」
「ん?あるけど」
「――隙ありゃあっ!」
 ニャル子は電光石火で携帯電話を奪うと、二人で写ったシールをそこへ貼り付けた。
 真尋は慌てて剥がそうとするも、シールは剥がれない!
 ――あいかわらずのメチャクチャな邪神達との日々。
 色々思うことはあるものの、それを日常として受け入れ始めている真尋であった。

 だがしかし、それが突如消え失せる事態になって……!?
 宇宙邪神混沌コメディ第9巻!(ソフトバンク クリエイティブ ウェブページより)

(感想)

アニメが始まり、評判となっている『這いよれ!ニャル子さん』ですが、原作の方は9巻。大台間近ですね。途中、勢いを失いかけたこともありましたが、完全に復活の様相。この巻はいつも以上に話のつながりを感じて良かったです。

この巻のメインは、ニャル子達の過去の話。果たしてニャル子の初恋の相手は誰だったのか?と言うところで起こるニャル子たちの消失事件。真尋はイス香とともに、時間の歪みを直すために過去に戻ることになり、その中で過去のニャル子達と出会う、と言う展開。

もちろん、いつものようにネタは満載。予想どおりに仮面ライダーメテオのネタを仕込んできたり、ガンダムAGEのネタを仕込んできたりという素早い対応。かと思ったら、ハイスクール奇面組などの懐かしネタを仕込んでいたり、米澤穂信ネタ(たぶん、古典部シリーズがアニメ化されるからでしょうけども)を仕込んでいたり。ネタの幅の広さは素晴らしかったです。

ただ、この巻は何が良かったか、と言われたら、いつも以上に話のつながりを感じたことだと思います。いつもは勢いのママパロディを挟みつつ突き進んで、序盤に仕込まれていたしょうもない伏線が事件のトリガーになっていて、と言った感じですが。今回は、起点があって、それに関連した事象があって、それがオチとラストに繋がって、と言う流れを感じました。正直、ニャル子の初恋に関しては予想どおりの展開ではありましたが、このお約束が大切だと思います。

さてさて、ニャル子の本当の顔はかなりやばい、と言う事も判明しつつ、それでもニャル子に対してのデレが強くなる真尋さんですが、この関係がいつまで続くか、どんな決着を迎えるか気になるところです。次は大台の10巻。どんな展開を見せてくれるか、楽しみです。

這いよれ!ニャル子さん 9 (GA文庫)

這いよれ!ニャル子さん 9 (GA文庫)

  • 作者: 逢空 万太
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2012/04/16
  • メディア: 文庫

 

(関連リンク)

まあ、ネタ小説ですね『這いよれ!ニャル子さん』/逢空万太

『這いよれ!ニャル子さん 2』/逢空万太

『這いよれ!ニャル子さん 3』/逢空万太

『這いよれ!ニャル子さん 6』/逢空万太

『這いよれ!ニャル子さん 7』/逢空万太

『這いよれ!ニャル子さん 8』/逢空万太

 

『這いよる!ニャルアニ1&2 Perfect Box』

『深山さん家のベルテイン』/逢空万太


ブログパーツ
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。