So-net無料ブログ作成
検索選択

『らぶなどーる!』/上月司 [アスキー・メディアワークス]

(あらすじ)

『れでぃ×ばと!』の上月司が描く、“着ぐるみ”で女子と密着ラブコメ開幕!

 入学式早々、なぜか生徒会の女子寮で居候することになった主人公・トラ。しかし翌日、不可抗力で生徒会長の裸を見てしまう! 退去を覚悟するトラだったが、彼女からここに住み続ける『ある条件』を提示される。
それは、着ぐるみ『ラブらん』を着て、学校で奉仕活動をすることだった。必死に『ラブらん』として活動するトラだが、クラスメイトである美少女・雛姫の秘密──彼女が『ぼっち』であることを偶然知ってしまう。
“着ぐるみ”で女子と密着ラブコメ開幕!

らぶなどーる! (電撃文庫)

らぶなどーる! (電撃文庫)

 

感想は追記にて

(感想)

『れでぃ×ばと』が消化不良のママ終了(とはいえ、私的にはあれは仕方なかったと思うのですが)。そして、2ヶ月経って新シリーズ。『レイヤード・サマー』もあったので、次回作はシリアスで行くのか、コメディで行くのか楽しみにしていましたが、出てきたのは、引き続き「ラブコメ」でした。この辺、ライトノベルではコメディが人気が出やすいですし、シリーズも続けやすい(それが中だるみを招くわけですが)、という判断なのかなぁ、と思うところです。

という訳で、『れでぃ×ばと!』でも実績があるだけに、安定したラブコメ。相変わらずの、エロマウントポジションはありますが、『れでぃ×ばと!』よりはエロ方面は控えられている印象でした。

内容を見ると、シリーズの最初、という事でキャラクターの内面、特に主人公とヒロインのキャラを描き出すことに力点が置かれているように感じました。

影が薄いことで友だちが少ない主人公。容姿端麗成績優秀、一見すると完璧に見えるが故に友だちが「いない」ヒロイン。生徒会の寮で知り合った二人が、友だちになっていく物語。何とかヒロインのために友だちになろうとする主人公と、過去の友だちを失った思い出から、極端に友だちについて疑心暗鬼になっているヒロイン。この二人が友だちになる過程がメインでした。

始めはライトなコメディで、完璧だと思われていたヒロインにも実は残念なところがあって、ある意味星奈に近しいところを感じつつ、笑いながら読んでいたら、次第にコメディとは違った雰囲気が現れてきて、気づいたらちょっといいお話を読んだ感じになっていた。読んだ感じとしてはこんな印象です。ラストの友だちになるまでは、綺麗に収まっていたように思います。

ココまでは、ある程度予想どおりに進んできたのですが。エピローグについてはちょっと予想外なことになりました。ラブコメの定番(ヒロインは積極的にせよ消極的にせよアプローチをかけているにもかかわらず、主人公は超がつく鈍感だから気づかない)からは少し違った展開が今後繰り広がられそうな設定。この展開はうまいなぁ、と感じました。

イラストは、新人絵師(30)という事ですが、なかなか作品にあった、可愛らしいイラストだと思いました。特に、黒髪ロングパッツンのヒロインはよかったですね。P.207のパジャマ姿できょとんとしているイラストはなかなかの破壊力。いい絵師さんがついたようです。

2巻は現在執筆中と言うことで、定期的に楽しめそうな感じです。エピローグで見せた設定を生かして、どんな物語が繰り広げられるか。2巻以降が楽しみな作品です。


ブログパーツ
nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 10

コメント 2

大林 森

あわわ!れでぃばと終わってたんですか!((((゜Д゜;))))知らなかったー!うむむ・・・。諸般の事情もあるんでしょうけど、今度のはきれいに終わるといいですね。(ヽ´ω`)
by 大林 森 (2012-05-20 02:42) 

takao

大林 森さん、コメントありがとうございます。

そうなんです。『れでぃ×ばと!』終わっていたんですよ。
最後の方は、間隔がのびのびだったのですが。

原作の方は、大地がネックだったんですよね。
対決が、朋美とセルニアだけだったのなら、違う結末もあったように思うのですが。
今回は、その反省が行かせているように思いますので、心配していませんw
というか、どんな展開になるのかとても楽しみですよ。
by takao (2012-05-20 11:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。