So-net無料ブログ作成

hontoでちょっと腹が据えかねた話(追記あり) [お買い物日記]

最近は、店頭で購入することも増えたので、ネット書店を利用することはかなり減っていますが、それでもネット書店を利用する機会は多いです。

Amazonを利用する方が多いと思いますが、私はbk1を多く利用していました。

その理由は、ひとえに「配送業者がヤマト運輸であるから」でした。私が以前住んだところで、Amazonから荷物が届くのに3日かかる、というところがありました。それは、配送業者が佐川運輸だったからだったわけですが。それに対して、ヤマト運輸は2日で届けてくれました。

田舎ゆえに欲しい本を買おうと思ったらネット書店に頼るしか方法がなかった当時、1日でも早く届けてくれるヤマト運輸を使っているbk1を多く利用するのは必然でした。ある年は、1年で30万円以上マンガ、ライトノベルなどを購入したと思います。hontoにリニューアルした際に、マイ本棚に1800冊以上の本が登録されていました。利用5年目、といったところだったでしょうか。

今回はそのhontoでの注文で、ちょっと腹に据えかねる事がありましたので、そのことについて書きたいと思います。思いっきり愚痴の記事ですので、その事を御了承ください。告発とか、そんなたいそうな考えがない、ただのチラシの裏です。

愚痴に付き合ってくださる方のみ、追記をどうぞ。

さて、振り返ってみると2012年の5月くらいにbk1からhontoにサイトリニューアルされたようです。まず、その時にすでに改悪の予兆がありました。

まず、改めて私がどうしてbk1を利用していたかを述べさせて貰うと

1 配送業者がヤマト運輸
2 10000万円1万円以上の購入で1000ポイント還元
3 毎日の新刊入荷のページが素晴らしい

という所でしょうか。

1については、追記前に述べたとおりです。早く読みたい人にとって、1日早く来る、と言うのは非常にありがたかったです。

2のポイントについては、毎月大量にライトノベルを買っていた私はありがたかったです。GA文庫一迅社文庫富士見ファンタジア文庫MF文庫jあたり+マンガをまとめて買うと、1万円くらいにはなっていたんですよね。何冊買ってたんだって話ですが。その1000ポイントをうまく利用して、新たな本を購入する、と言う具合でした。

3に関しては、これは数あるネット書店において、bk1を利用するにたり得るだけの牽引力を持っていたと思います。これは、その日bk1に入荷された本が一覧として見ることができる、と言うものでした。本屋に行くと、新刊のコーナーを見て、気になる本を見つけたりチェック忘れの本に気づいたり、という事がありますが、それがネット書店でも同じ感覚で味わえる、と言う感じでした。

実際、このページがあることで気づいたマンガもありますし、これで表紙買いしたラノベは数知れず。非常に便利なページとして、仕事から帰ってくるとまずこのページをチェックする、というくらい利用しておりました。ネット書店は、家にいながら買うことに関しては便利ですが、「その本が発売されている」と知らなければ購入できません。しかし、このページがあることで「発売されていることに気づいていなかった」ということを防ぐことができました。

そこに降りかかってきたbk1リニューアルの話。一抹の不安を感じながら、待っていましたが、蓋を開けてみるとk、最悪の形が待っていました。

1に関しては変わらず。2に関しては、正直気にしていませんでした。今確認すると、期間限定で10000円以上でポイント10倍、と言う形になっていて、改悪されているようです。ただ、繰り返しますがこれはどうでもよいことでした。個人的に最悪と言いたくなる改悪を前にしては。

それは、3の「本日の新刊紹介」のページがなくなっていたことです。当初は、全く理解できず、後に実装されるだろう、くらい思っていました。しかし、待てど暮らせど実装される予定はなし。なるほど、廃止したのか、と悟りました。

正直、これはhontoの長所を捨てたことに他なりません。確かに、毎日大量に入荷されるほんの表紙をスキャンして、ページに載せるのは大変だったと思います。しかし、これを非常に便利に感じて利用していた方は数多いと思います。これがあるから、bk1を利用していたと言う人もいるでしょう。

確かに本の新刊というコーナーはありますが、あくまで最近出版された本、と言うだけでそれまでのものと比べて、足下にも及ばないものでした。特に、リニューアル当初は酷かったように記憶していますが。

hontoのリニューアルで、丸善ジュンク堂といった店舗型書店とのハイブリッド、という形を取るようになっていますが(うまく説明できません)、これらの書店の優位性を出すために廃止したのではないか、と邪推してしまったほどでした。

そんなこんなで、hontoリニューアル後はさほど利用することはなくなっていました。電撃文庫MF文庫Jなどの長崎入荷が早くなり、honto利用するより早く買えるようになったことも大きいですが。ただ、本屋に行くのが面倒なときや、行けそうになさそうな時機に本を買うのに利用していました。

 

さて、ここからが本題です。今月17日、富士見ファンタジア文庫数冊と学園アリス最新巻を予約しました。

スクリーンショット 2012-11-24 0.58.35.jpg

見づらいですがこんな感じ。学園アリスは7〜21日となっていますが、入荷前日にこの表記になることもあり、気にしていませんでした。個人的には、富士見ファンタジア文庫が20日発売なので、19日発送21日到着くらいだったら上出来かな、と思っていました。遅くとも22日には届くかな、と。

そう思って20日。そういえば発送通知が来ないな、と気づきました。もしかして、この中で発売延期されたものがあるのかも。そう考えた私は夕方、アカウントサービスで全部確認したわけですが。

富士見ファンタジア文庫で注文した文は、すべてのステータスが発送可能日:24時間となっていました。しかし、アカウントサービスではすべて入荷待ち、という訳の分からない表示。このとき、いやなものを感じてキャンセルすればよかったのですが。間違いは、「24時間で発送、とあるから、21日には発送されるだろう」と楽観視したことです。

そして、発送通知が来たのが

スクリーンショット 2012-11-24 0.59.19.jpg

まさかの22日。しかも、17時でした。ちなみに、普段予約していれば、入荷翌日の8時頃にメールが来るのが普通だったのですが、メールが来るのまで遅くなるとは……。今確認してみると、富士見ファンタジア文庫の取り扱い開始日が21日だったみたいですね。

まぁ、それだけだったらよかったのですが、22日の帰り、近所のTSUTAYAに行ってみると、富士見ファンタジア文庫とMF文庫jの新刊がすべて入荷されているではありませんか。

つまり、発送された日に、長崎では発売されていたわけです。ちなみに、九州の出版事情が分からない方に説明しますと、九州は本州より本の発売が2,3日遅れるのがデフォです。ラノベで言うと、某アキバ系ブログで「今月の○○文庫の新刊が置いてあった」と記事が出てから2日後くらいに発売される感じです。それでも、電撃文庫は11日には発売されるようになったり、角川系列のラノベレーベルは公式発売日翌日くらいには入荷されるようになっていますが。

その九州発売日と、ネット書店の発送日が一緒、とは何の冗談でしょうか。ハッキリ言いますが、ネットで注文する価値はありません。発送されたものをむりやり送り返して、新刊を買いたいくらいでしたが、我慢しました。そして、この記事を書いている前日、23日には案の定届きませんでした……。楽しみにしていたのに……。

今回の件で、私としてはもうhontoは完全に見切った感があります。2,3日遅れの九州の本屋さんよりさらに2日遅れで本届けるネット書店に価値はありませんから。確かに、こちらの方ではマイナーなマンガは買いにくいこともありますが、これならAmazon使ってもいいか、という感じです。

たった1回、という意見もあるかもしれません。しかし、これが毎回続いたら。または時々あったら、と考えざるを得ず、そうなると利用を躊躇せざるを得ません。信頼を勝ち取るのは難しく、失うのは一瞬です。hontoへのリニューアルで失望が続いていただけに、私にとって、今回の出来事は決定だと言えるものです。

と言うわけで、暫く私はhontoを利用しないと思います。ハードカバーにしても、頑張って紀伊國屋まで行けば大抵は入手することができますし。

果たしてhontoのリニューアル。誰にとって利益があるのだろうか。そう考えざるを得ません。とにかく、これまでありがとうございました。

 

(11月26日追記)

hontoの悪いところばかり書きましたが、良いところも一つ思い出したので追記しておきます。ただ、これも人によりけりだと思いますが。

それは、著者新刊お知らせメールサービス。その名の通り、お気に入りの作家の新刊が出た場合、メールでお知らせしてくれる、と言うサービスですライトノベルなんかは定期的にリリースされるので問題ないですが、1年に1,2冊くらいしか出さない作家さん(大衆小説家のように)を登録しておけば、買い逃すことがなくなる、と言うものです。最近だと、彩坂美月さんの『文化祭の夢に、おちる』の発売に気づいていなかった私としては、うまく使えば有用なサービスです。

ただ、気になる点もあります。このサービス、基本的にその作家さんの本を購入したときにチェックボックスで登録する形だと思います(他の方法は知りません)。しかし、基本がチャックボックスにチェックが入った状態です。本当にお気に入りの作家さんだけ登録したい、と言う場合、チャックを外すのが面倒くさいです。私も、最初はチェックをいちいち外していましたが、途中から外さなくなりました。

そして、ここからがさらなる問題です。私のように、ラノベ作家、マンガ家をたくさん登録している場合どうなるか。あるレーベルの発売日になると、一斉にメールが何通も届きます。このサービス、一つにまとめるなんてことはもちろんやってくれないため、一人の作家に付き一通のメールが来ます。

登録作家が少ない場合は気にならないと思いますが、私のようにチェックを外すのを面倒くさがって全部登録していくとどうなるか。大量にメールが届きます。実際11月23日は、5通の新刊お知らせメールが来ました。結構面倒くさいです。

もう一つ付け加えておくと、これは「紙媒体」でのリリース時と「電子書籍版」リリース時の2回、ちゃんとメールが届きます。「この本は買ったのに、なんで新刊で来るんだろう?」と思ったら、電子書籍版の新刊だった、ということがあります。どちらか一方の選択ができれば良いんでしょうけども、ざっと見た感じでは選択はできないようです。

 

不便になった点をもう一つ。それは、「まとめて購入」ができなくなったこと。

以前は、チェックを入れて、ページ下の「チェックを入れたものをまとめて買い物かごへ」のボタンを入れると、一括で注文することができていました。しかし、hontoのリニューアル時、何故かできなくなってしまいました。

おそらく、普通の人には影響はないと思います。しかし、私の場合ですが、ライトノベルを大量に買うことは多々あります。電撃文庫の場合、読めるか読めないかは別として大体月に5冊程度購入します。また、富士見、MF文庫あたりは、愛読しているシリーズと気になる新作を含め、同程度購入することがあります。

以前のシステムなら、

気になるものにチェック→まとめて買い物かご→注文

とできたのですが、リニューアル後は

一冊買い物かごに入れる→確認画面→前の画面にバックする→次の本を買い物かごに入れる

ということを、欲しい本の冊数繰り返さなくてはいけません。例えば、今月の富士見ファンタジア文庫は5冊購入したので、この作業を5回繰り返したことになります。作業的にたいしたことはないように思うかもしれませんが、これが何回も続いて、さらに毎月になると徐々にストレスがたまってきます。

本当に些細なことかもしれません。しかし、以前使えていて、しかも便利だった機能がごっそりとなくなってしまうと、「ここを使わなくていいや」ということになってしまいます。この辺が元に戻ってくれないかな、と思う6ヶ月でした。


ブログパーツ
nice!(7)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 7

コメント 20

HINAKA

お久しぶりの、HINAKAです。

takao様

ずいぶんご沙汰しておりますが、時々立ち寄らせてはいただいております。
今回の事は、たぶん「興味関心の無い人には理解できないお腹立ち」だと思います。と言いますのも、似たような事を経験しているからです。
こちらはいわゆる「セブンネットショップ」から、「セブン&ワイネットショップ」に変更になった時の、システム変更でほぼまったく同じ様な経験をして、結局現在はAmazonを利用しております。

ただこの時も、自分の思うところ述べたところ、「システム変更で不自由になった事より便利になった事の方が多いなら、それほど感情的にならなくてもetc」と、諭された経験があります。
ですが、利用価値をそこに求めていた者にとっては、それは致命的であり、許しがたい事なのだと、力説すればするほど、やれ「クレーマー」だの「我が儘」だのと、冷笑されてしまいました。他にも自身の致命的な問題もあり、大怪我をしたものですが、「自分が不都合に感じている事は他人も同じ」とは、限らない。
と言う当たり前の事を、思い知らされた一件でした。

何度かシステムの旧への復帰か、変更を要請しましたし、相手も「他の方からも同様の指摘を受けております」と、前向きな検討を約束しましたが、未だに状況は変わっていません。
その為それ以来、システムは利用しても、購入は1点から無料になったAmazonで行っています。

なお、配送の問題ですが、いわゆる宅急便扱いの場合は、Amazonはヤマト便か地域宅配委託業者なので、余り問題はありません。
問題は、メール便です。そもそもはヤマトも、「ポストに入らないメール便は戸口に置き去り配達」でしたが、問題が多発したために現在では、手渡しで不在の時には不在票をポストに入れて、持ち帰りに切り替えています。この為、基本的には時間は掛かっても、メール便は郵便メールかヤマト・メール便で、大きな問題はなくなっています。
しかし当初は、送料の関係だと思いますが、佐川のメール便だったので、ほとんどが置き去り配達でした。

風雨の強い日に、手提げ袋ごと玄関のドアノブから飛ばされ、配達物が袋の外に飛び出し、濡れた上に誰かに踏まれるという事態が起こり、Amazonに厳重抗議したところ、以後はメール便はヤマトか郵便局になったのですが……そこまでが、なかなか大変でした。
とにかく運送業の配達は、発送者に全権限があり、受取人が何を言っても運送会社には、何の関係もないそうです。つまりこの場合はAmazonとの直談判しか、無かった訳です。ともかく、佐川のメール便は止めてくれ!と、頼むしか在りませんでした。

とにかく根気と手間を掛けなければ、料金の問題もあるのでしょう、なかなか希望通りには行きません。
「佐川はメール便の置き去りをやめないと断言している」と何度も繰り返して、やっとというのが実情です。後は新作発売の検索システムですが、これはなかなか難しくて、不便を承知で今でもセブン&ワイを使っています。

こんな事も、興味関心の無い人が外から見ると、「モンスター・クレーマー」にしか見えないのかと思うと、残念で仕方がありません。
ただどうか、takao様も1度落ち付いてみて、それでも自分の判断に間違いが無いという核心が在れば、相手にその旨を通告し、利用をどうするかは次善方法を取るか、仰っているように、根本的に考えを変えるかで、間違っていないと思います。

久しぶりなのに、また長文で失礼致しました。


by HINAKA (2012-11-24 15:03) 

つるぎうお

そうですねー。そういうことって良くありますよねー。
うちはコノザマの市川物流センターの直ぐ側に住んでいるので、早いときにはめちゃ早いんですが。
ときどき、神戸から発送されていて2日余計かかるとかビビります。
うちの方ではカトーレック便が通常便ですので、運チャンがうちの生活習慣覚えてて、夜遅くに届けてくれますねー。
メール便はそのまま巨大なポストに突っ込まれてます(アパートなのに、コノザマとか通販用に巨大なポストを設置してます)
コノザマしか使ってないので、他の通販本屋ものぞいてみるかー。
by つるぎうお (2012-11-24 21:43) 

takao

HINAKAさん、コメントありがとうございます。
本当にお久しぶりで。
私の方も、時々記事は読ませていただいています。

bk1からhontoの変更に関しては、ググって見ると結構不満に思っている方がいるみたいですね。
Twitterで交流している人の中にもいらっしゃるみたいですし。
先日見たブログに「年間たくさん利用していた人ほど、今回の変更に不満を感じる人が多いのではないか」とありましたが、全くそう感じる次第です。

ただ、これが一般の利用者にとって、クレーマーのものとして受け止められるのは重々承知しているつもりです。
だからこそ、変更によって不満を感じていたものの、これまで記事にしていなかったわけですし。
ただ、今回はちょっと承服しかねる自体でしたので記事にしました。
このことで、私がそしりを受けるなら甘んじて受けるつもりです。

改善要求に関しては、出すつもりはありません。
そもそも、私が感じている程度の不満は、ヘビーユーザーの方なら誰でも感じたことであると思いますし、たくさん要望を出されていることだと思います。
hontoがスタートして半年経ちますが、それでも変化がないことを見ると、それを受け入れる気がないのかな、と思います。
これまた、先日見た記事になりますが、新刊のお知らせについて要望を出しても、「御意見ありがとうございます」と言ったテンプレが帰ってくるだけ、という記述が見られましたし。
改善を見込めるか怪しいところに時間を費やすことに、惜しさを感じてしまいます。
だから、私としてはこのまま静かに利用を控えさせていただこう、と思っています。
メールを送るより、こちらの方がよほど効果的でしょうし。
それで改善されるようなら、また利用再開するつもりです。
by takao (2012-11-24 22:58) 

takao

つるぎうおさん、コメントありがとうございます。

こういうことは、多くあって欲しくないんですけどね。
ま、届いてすぐに読むわけじゃないんだろう、と言われると、積み本がたまっている現状言い返すことができず、何とも言えないのですが。

こちらの方は、佐賀県の鳥栖に倉庫ができてやたらと早くなりました。それまで発送から2日かかっていたものが、佐川(通常瓶)なら翌日届くようになりましたから。
メール便だと時間がかかるのですが、それにしても便利になったことを感じます。

私はネット書店だと、ehon、セブン&ワイ、honto、Amazonのアカウントを持っていますが、使い勝手だとhontoがいちばんよかっただけに残念で仕方ありません。
正直、今の状況ならAmazonがいちばん使いやすいと思っています。
by takao (2012-11-24 23:05) 

気になった

はじめまして。
いきなりで申し訳ございませんが、気になった箇所がありましたので指摘させて下さい。

本筋には関係のないことですが、上記bk1を利用されていた理由3箇条(以下転載)の内、2の条件に誤記がありように思えます。

1 配送業者がヤマト運輸
2 10000万円以上の購入で1000ポイント還元
3 毎日の新刊入荷のページが素晴らしい


10000万円ではなく、1万円では無いかと思うのですが。。。




by 気になった (2012-11-26 18:43) 

takao

気になったさん、コメントありがとうございます。

すみません。そこは私の完全なミスです。
入力時、10000と入力したので、「万」は抜かないといけに、と自覚していたのですが、注意不足で入力してしまったようです。
遅くなりましたが、訂正させていただきました。
ご忠告、ありがとうございました。
by takao (2012-11-26 23:00) 

vult

こんにちは

自分もBK1愛用者でしたので、こちらの記事と同様の事を
思っておりました。
ただ、一部誤解もされているようなので、書かせていただきます。
新刊の入荷直前に、納期表示が7〜21日になるのは、BK1の頃から同じですが、この時に注文すると発売日に届かないというのもBK1の頃から同じです。
BK1の頃、7〜21日表示の入荷直前の新刊本を注文したところ、発売日の時点で注文品のステータスは1-3日になりました。その時は慌てて注文をキャンセルし、24時間表示の物を改めて注文しなおしたところ、即日出荷されました。
その時、どうやら24時間表示の注文とそれ以外の表示の商品の注文は発送までの処理の流れが違うようだと気付きそれ以降は、7〜21日表示ものは発売日後24時間出荷に変わるまで発注しないようにしていました。
まあ、それはそれで問題ある仕様なんですけどね。こればかりはBK1がhontoに変わったせいでは無いと思います。

ちなみに、本日の新刊紹介のページも復活していますよ。
以前は4日分表示されていたのが1日分になって不便ではありますが。


by vult (2012-11-27 14:39) 

takao

vultさん、コメントありがとうございます。
返事が遅くなりまして、申し訳ありません。

新刊ページのこと、ありがとうございます。
そもそも利用しなくなっていたことで、全然気づいていませんでした。
これで、利用のモチベーションが少し上がりましたw

誤解と思われた件ですが、説明させて頂きます。
7〜21日出荷のものは、『学園アリス』だったのですよ。
発売日は同じ20日なのですが、これはすでに入荷済みになっていました。
で、肝心のファンタジア文庫が20日発売だったはず(アキバブログは20日発売となっていました)が、取扱日が21日になり、発送が22日になったのです。
正直、東京の発売日に取り扱いが開始できない、ということが全く理解できません。
今までこんなことがなかっただけに、なおさらですね。

by takao (2012-12-01 15:18) 

通りすがり

初めまして。
7-21日表記がその間待たなければいけないのか、24時間表示にちゃんと切り替わるのか気になって辿りつきました。
うちも九州で福岡なのですが、一括配送にせず単品発送で地元発売日前日もしくは当日には手元に届きますよ。
ヤマトで宅急便にしてもメール便にしても受け取る日は同じです。たまに、メール便は+1日のときがありますが……
多分、単品発送にしていた場合、文庫の方は先に発送されて、アリスは翌日もしくは翌々日発送とかになったのではないでしょうか?

私もbk1時代からお世話になってますが、hontoになって微妙に使い勝手が悪いなと思うことが多々あります。
by 通りすがり (2013-06-25 11:38) 

takao

通りすがりさん、コメントありがとうございます。

なるほど、一括配送がいけなかったんですね。
私は一回で買う本が多い時期が合って、電撃文庫で5冊以上、ということも多かったので単品発送は手間がかかるだろう、とおもって一括発送にしていたんですよね。
資源の節約にもなりますし。
そこが徒になったのは残念です。

hontoはこのこと以来全然利用していないですね。
この前、ポイントの利用期限のお知らせが来たので、その時に一冊買ったくらいです。
本は本屋に並ぶまで我慢して買うことにしましたw
なので、現在の使い勝手がどうなっているか分かりません。
時間を巻き戻すことはできませんが、bk1の時に戻って欲しいなぁ、という思いはあります。
by takao (2013-06-25 18:56) 

NO NAME

ものすごい、長文で思いれがあったんだなーと感じながら読みました。
hontoは今まで知らなかったのですが、改悪前の入荷一覧がどんなものか見たかったです。

カートの操作もそうですが、ユーザビリティは重要ですね。

著者の新刊通知についてはhttp://alert.shop-bell.comが意外に役立ってます。
自分はコミックで使ってますけど(笑
by NO NAME (2013-09-14 06:44) 

takao

NO NAMEさん、コメントありがとうございます。

本の入荷が発売日の3日遅れが普通、という離島に住んでいたことがあるので、bk1は凄くありがたい存在だったんですよね。
店頭に並ぶより、bk1で買った方が早く届くことがざらにありました。
そのため、結構な金額を使うことになっていたんですが、hontoになってからは大変残念な思いがしていました。

今見たら、新刊入荷一覧のバーナーが少し目立ちやすくなってましたが、ページ自体はAmazonと同じような表示ですね。
以前は、一列に4冊くらい?表紙とタイトルなどの枠があって、それが何行も並んでいました。
そして、一つのページですべての本が見られるため、欲しい本は何冊でもチェックを入れて、まとめてカートに入れられる、という具合でした。
ライトノベルなんかをレーベルごとに大量に買う場合凄く便利だったのですが、残念ながら戻りませんね。
あれは、Amazonではなくbk1を使うと思わせるに十分な魅力があっただけに、余計に残念に思います。

著者の新刊紹介は確かに便利ですね。
ただ、自分はhontoでお気に入り作家を登録しすぎたために、ラノベの発売日になると新刊メールが何通も届いてしまうこともあります。
整理すればいいのでしょうけども、意外と面倒で(^^ゞ
by takao (2013-09-14 09:03) 

NO NAME

なるほど、Amazonと同じような感じですか、、、
一見、Amazonも使いやすそうに思いますが、一般名詞的なタイトルがあったりすると検索に苦労しますし。
どこも一長一短ですねぇ。
by NO NAME (2013-09-17 00:09) 

takao

NO NAMEさん、コメントありがとうございます。

以前は、一ページですべての本を、表紙まで見ることができたので、ライトノベルを買うにしても凄く便利だったのです。
今も新刊コーナーはありますが、あの時の利便性と比べたら雲泥の差があるので、至急bk1時代のシステムに戻して欲しい、と願っているのですが、残念ながら戻らないようです。

あの新刊紹介コーナーは、数あるネット書店で武器になるものだっただけに、もったいないことです。
by takao (2013-09-17 19:20) 

michiru

はじめまして。検索から来ました。

というのも、私も同じ経験をしており、イライラがたまっているからです。

10/12に販売の新刊を10/5に発注したところ、7-21日出荷でした。10/5+7日で10/12に発送かなと思ってましたら、10/22になっても発送されません。しかも販売開始した今、hontoやamazonで購入すると即日発送。カスタマーサービスに問い合わせても、「注文から3週間後までに発送なので。」の一点張り。流石に困りました。

もうhontoは使いません~。
by michiru (2013-10-23 00:18) 

同じような体験しました

はじめまして。
グーグルで「honto 届かない」と検索してたどり着きました(苦笑)
同じような体験をされていたかたがいらっしゃるということで、便乗愚痴です。

とあるつてからhontoカードをいただきまして、では使ってみようということで使ってみたのですが…。
正直なところ、対応は最悪というのが感想です。
当初、ポイントを使って欲しい本を24時間以内のもの2冊と、1~3日以内を1冊一括発送で注文してしまいました。
これがいけなかった。
特に急ぎのものではないし、それくらいなら待ってもいいか、と思ったのが甘かったです。
24時間以内のものは入荷済、1~3日以内のものの入荷待ちで24時間経過しました。
そうしたら、注文詳細ページは変わっていないのに、入荷待ちの書籍の「商品ページ」では24時間以内に変わっていたのです。
だったらまぁ24時間以内には発送されるんだろうなと思ってさらに24時間経過しました。
しかし、まったく発送作業に入る様子がありません。
??? これってどういうこと?と思いました。
24時間以内に発送になっているということは、honto側には在庫があるということですよね。
なのに、入荷待ち=発注しているユーザーには24時間たっても発送されない。
後回しにされているのか?と邪推してしまい、問い合わせてみましたところ…。
入荷待ちの商品は発注時点での表記通りに手配されておりまして、honto側の在庫とは別発注で問屋に発注しておりますので、注文書どおりにお待ちください、との返答。
え、意味分からないんだけど。
入荷待ちの一冊はお宅にあるんだよね? それを入れてくれればすぐに発送できるでしょ?
「そういうシステムになっておりますので、申し訳ありません」
……。
使えね~~~~~~!!!!
店舗販売のお店なら、注文分と入荷分が前後したら、入荷分を優先して予約注文した顧客に回すのが普通じゃないの?
なんでわざわざ「注文」した客の方が通りすがりの客より後回しにされないといけないわけ?
なんとなく、行列に並んで待っていたのに、お店からこちらへどうぞ~って言われて、後から来た客が優先されたような憤りを感じました。
別にすぐに来ないこと自体は注文時に自分で理解して発注してるわけなので、それはいいのですが、入荷してるのに発注分が届くまで発送しないというhontoのシステムに苛立ちを感じました。
さらに、では商品ページと注文ページで食い違いがあると気づいた時点で、入荷待ちの書籍をキャンセルにして、別に新規発注した方が早く届いたということですか?と聞いたら、そうかもしれません、と…。
あまりの苛立ちに言われたとおり入荷待ちの書籍をキャンセルし、別の24時間以内の書籍を発注したのですが、同じタイミングで発送作業中に変化したのに、新規注文の方はすでに発送されたのに対し、キャンセルを入れたほうは入荷済の書籍のみにも関わらず、24時間たっても発送されていません。
嫌がらせかと邪推してしまいます(苦笑)
実は、以前も新刊を予約したのですが、発売日の翌日になっても発送手続きに入らなかったので、結局普通に本屋さんに行って購入しました。

通販の利点はお店に行かなくても物が購入できることも一つですが、お店側としては人を入れなくても在庫管理等が可能だという点だと思います。
なのに、このhontoのシステムは顧客には何のメリットもありません。
加えて、1年前にこちらでブログに書かれているような自体が発生しているということは、ユーザーの意見としては当然何度か届いているでしょう。
なのに何の改善もせず、かつ問い合わせ(クレーム)に対しての言い訳が、システム依存なのだから、救いようがありません。
そんなことは、honto側の問題であって、顧客には何の関係もないからです。

これでは、いつまでたってもamazonには勝てないでしょうね。
二度とhontoは使いません。
by 同じような体験しました (2013-12-05 01:45) 

私

私もここにはウンザリです(-_-#)

在庫ないのに発送可能日書いてありました。

本を注文した後にメールで在庫確認中とのメールが来たのです…(T_T)

注文取り消しも出来ませんし、結構急ぎだったので困り果てましたよ_| ̄|○

結局本の在庫はなく待たされるだけ待たされるという…

こんな所二度と使いません(*`Д´*)

by (2014-01-15 02:59) 

佐藤

1日から3日の表示だったので注文したら2日後発送準備中になりさらに3日たってもい発送完了メールが来ないので電話したら順次発送してますのとのことでした。

何時発送になるの?と聞くと順次発送してますの繰り返しです(苦笑)

何で遅れるとメールしないのか?と聞くと在庫がなくて発送準備前ならメールできるが発送準備そのものが遅れると連絡できないそうです。

ポイント欲しさに急いでない本を頼む場合は良いですが今回は早く読みたい本を一緒に発送にしてしまったのが失敗でした。

アマゾンプライムに入っているのに馬鹿なことをしたと思っています。

ポイント還元が良いので急いでない本の購入するのは良いと思いますが急いでいる人は危険ですね。
by 佐藤 (2014-02-27 14:29) 

Clover

「honto 届かない」で辿り着いた者2号です。本当はどうやって発注をキャンセルするかを調べたかったんですが。

7/24注文の本が8/8に4冊キャンセル扱いにしました。残り2冊は順次発送すると連絡がきました。
今日、8/17ですが???

別に珍しい本注文したわけじゃないのに
hontoほんとイライラします。意味わかんない。
最寄の本屋でフツーに売ってるし…。
by Clover (2014-08-17 11:12) 

ひがりん

hontoはホント、有料でお急ぎ便にしたにもかかわらず、平気で注文から4日後に送ってきたりします。お急ぎ便の返金にも取り合ってくれません。紀伊国屋では無料で翌々日には届きます。詐欺という言葉が適切な言葉ではないのを承知で「詐欺」だと思いました。もうhontoは使いません。こういうサイトがあると少しは怒りがおさまります。ありがとうございます。長文失礼しました。
by ひがりん (2018-04-28 10:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました