So-net無料ブログ作成

『聖剣の刀鍛冶 7』(漫画版)/山田孝太郎 [マンガ]

原作を大胆に再構成。どうも、クライマックスの原作に合わせているようです。これまで、原作の流れに合わせていただけに、少しびっくりですが、よい再構成だったと思います。

聖剣の刀鍛冶7 (アライブ)

聖剣の刀鍛冶7 (アライブ)

  • 作者: 山田孝太郎
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2012/08/23
  • メディア: コミック

細かい感想は、追記にて。

続きを読む


ブログパーツ
nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『ティンクルセイバーNOVA 4』/藤枝雅 [マンガ]

3巻が発売されて早5年。もう出ないかなぁ、と思っていたところで、ようやく発売されました、第4巻。そういえば、ダブリの完結編も5年のインターバルを置いてでしたし、『Dear Emily』も出版社変えてタイトル変わって発売されましたし、やっぱりもう出ないかなぁ、と思っていた『アスクライブ・トゥ・ヘブン』の2巻が去年2年ぶりに発売されたりしましたし。人間諦めたらいけませんね。待っていればちゃんと『踊る星降るレネシクル』の5巻も出るし、『はるかかなたの年代記』の4巻も出るに違いない!諦めたらそこで試合終了だよ?ってやつですね。……え、違う?

ティンクルセイバーNOVA (4) 限定版 (REXコミックス)

ティンクルセイバーNOVA (4) 限定版 (REXコミックス)

  • 作者: 藤枝 雅
  • 出版社/メーカー: 一迅社
  • 発売日: 2012/07/27
  • メディア: コミック
ティンクルセイバーNOVA (4) (REXコミックス)

ティンクルセイバーNOVA (4) (REXコミックス)

  • 作者: 藤枝 雅
  • 出版社/メーカー: 一迅社
  • 発売日: 2012/07/27
  • メディア: コミック

私は、限定版買いましたが、通常版の表紙も好きだなぁ。本屋で見かけたら、買わなくては。

感想は追記にて。

続きを読む


ブログパーツ
nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

『ミハロリプレイス』/あきづきりょう [マンガ]

(あらすじ)これは、新人パイロット能幌(のほろ)ミハロの馬鹿が無茶する物語!!!
フルスロットル・ガールズ・メカアクション発進!


悪い奴らは追跡!逮捕!!鉄拳制裁!!!
時は西暦202X年。
人型戦車「ウルメンシュ」を使用し、民間警察が事故・犯罪を取り締まる時代。
ウルメンシュのパイロットを夢見る少女と天才パイロットが出会い、物語の扉が開かれる――。体力・根性・食欲なら誰にも負けないミハロ。ツンツン・クールビューティーのセレーナ。毎日がフルスロットルの二人が悪い奴らをこらしめる、ガールズ&メカアクション!(角川書店ウェブページより)

ミハロリプレイス (1) (カドカワコミックス・エース)

ミハロリプレイス (1) (カドカワコミックス・エース)

  • 作者: あきづき りょう
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2012/06/01
  • メディア: コミック

感想は追記にて

続きを読む


ブログパーツ
nice!(12)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

『聖剣の刀鍛冶6(漫画版)』/山田孝太郎 [マンガ]

今回は、いよいよ発売されましたコミカライズ版『聖剣の刀鍛冶』6巻のご紹介です。この巻では、原作4巻の内容が一気に詰め込まれています。詰め込みすぎたために、若干残念になってしまった面もありますが、濃度が濃くなっていて、一気に読むこともできたのではないかな、と思います。

 

さて、6巻ですが、内容を大まかに言うと、「ルークとセシリー、軍国に行く」と言う事になると思います。

軍国には、実は聖剣を鍛錬する技術があります(かつて、聖剣の刀鍛冶から技術を盗み、それを独自に発展させた)。ヴァルバニル復活が間近に迫った中、二つの聖剣鍛錬の技術を交流させる、というのが今回の目的です。

で、軍国には2巻やアニメで評判の悪かったwシャーロット達が亡命しています。彼女たちに会うこともかねて、セシリーが同行した、という感じでしょうか。

IMG_0050.jpg

ここで、セシリーに課せられた過酷な運命が姿を見せ始めるんですよね。聖剣を打つ者がエインズワース家。そして、聖剣の鞘と呼ばれるのが、キャンベル家。このことが、ルークに聖剣完成への思いをさらに確かなものとすることになるのでした。聖剣の鞘が何なのかは、次の巻のお楽しみ、と言う事で。

IMG_0051.jpg

セシリーがとにかく可愛いというか。ルークに対して、態度が柔らかくなっていることを強く感じさせる場面が多く感じました。

IMG_0052.jpg

自分の予想とは違うことになって照れるセシリーが可愛らしいw

IMG_0053.jpg

自分が聖剣を完成させることができるのか、不安に思うルークに対して、セシリー。セシリーは本当にルークが好きなんだな、と感じさせると共に、ルークを信じ切っている、と感じさせる場面でした。愛するセシリーが自分に対して信頼を寄せてくれているのが分かるからこそ、ルークもがんばれるんでしょうね。この二人の関係が本当に素敵です。……この後、辛い展開も待っているのですが(ノД`)

IMG_0054.jpg

サービスサービスw可愛いw

IMG_0055.jpg

軍国の「少女王」こと「ゼノビア・Q・ランチェスター」登場!アニメでも登場して欲しかったのですが、残念ながら実現せず。漫画版で登場してくれたので、満足と言うことにしておきたいと思います。

IMG_0056.jpg

ゼノビアに対して啖呵を切るセシリー。あくまでも自分の信じる正義を真っ直ぐ貫く。愚かと言われようが、バカと言われようが。それが、セシリーの美点ですね。この巻、ルークに対しての柔らかい面が多々見られましたが、この場面を見るに、セシリーはどこまで言ってもセシリーなんだな、と言うことを感じました。セシリーの心の強さは変わっていない、と。シーグフリードに一度たたきのめされ、へし折られそうになりましたが。セシリーここにあり、です。

IMG_0057.jpg

完全に敵方の黒幕となっているシーグフリード。そのファミリーネームが「ハウスマン」だったことが判明。「ハウスマン」は、独立交易都市を築いた初代の名。一体どんな関係があるのだろう、という一コマですね。

IMG_0058.jpg

そして、ルークに課せられた過酷な運命が明かされるシーン。魔剣生成に度に、ルークは右目の視力を失って行っていたのですね。そして、自分の目が光を失ってしまう日も近いこと。それが、ルークを焦らせる一因だったりします。自分が聖剣を完成させることができなければ、セシリーが役目を果たさなくてはいけなくなる。だからこそ、ルークは聖剣を完成させなくてはいけないのです。

IMG_0059.jpg

さすがの画力、と感じさせてくれた一コマ。なんと言うまがまがしさ。圧倒的存在感。素晴らしいです。

IMG_0060.jpg

この絵は非常に素晴らしい。しかし、今回は原作1冊文の内容をコミックス1冊文にまとめてしまったために、必然としてバトルシーンが大幅省略されてしまっています。それが、唯一の不満ですね。ルーク、セシリーの大活躍のシーンを見たかった、と。

IMG_0061.jpg

ルークのセシリーに対する思いがあふれていて、涙があふれてしまいそうでした。ルークの中で、セシリーという少女の存在がここまで大きくなっていたんですね。

 

原作4巻の内容、あんまり覚えてなかったのですが(^^ゞ最後まで読んで、そういえばサブタイトルが「HERO」だったような気がする、と思い出しましたwこの辺から、ルークとセシリーの気持ちがどんどん近づいて来ているのが感じられたんですよね。で、次のシリーズでのあの発言に繋がる、とw

さて、ここまで原作どおりに進んできた漫画版ですが。次の巻から、原作再構成で怒濤の展開になるそうです。ちなみに、原作ではセシリーとルークが初代ハウスマンの情報を求めて旅立ち、その間に独立交易都市に帝政列集国が攻め入る、という展開だったと思います。とにかく激し戦いの連続でしたが、再構成によってどうなるか。おそらく、原作でもここで一段落、という感じでしたし、漫画版もここで終わらせるのかな?と思われます。果たして一体どんな展開を見せてくれるか、非常に楽しみです。

まだどうなるか分かりませんが、最後までしっかりと見届けたいです。

 

聖剣の刀鍛冶 6 (MFコミックス アライブシリーズ)

聖剣の刀鍛冶 6 (MFコミックス アライブシリーズ)

  • 作者: 山田孝太郎
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2011/11/22
  • メディア: コミック

 


ブログパーツ
nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

『聖剣の刀鍛冶 5』(マンガ版)/山田孝太郎 [マンガ]

お久しぶりのマンガの感想になります。私のブログの人気記事を考えると,取り上げざるを得ないだろう,と言うことで。

聖剣の刀鍛冶⑤ (MFコミックス アライブシリーズ)

聖剣の刀鍛冶⑤ (MFコミックス アライブシリーズ)

  • 作者: 三浦 勇雄(原作)
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2011/03/23
  • メディア: コミック

ここまでで,原作3巻までとなります。アニメもここまでやってくれていたらなぁ,と感じてしまいました。セシリーの挫折。復活。ルークのセシリーへの思いが見られるようになって,だんだんよくなってくるところなのですが。

まず最初に触れないわけにはいかないでしょう。セシリーが生まれて初めて味わう圧倒的な挫折。1巻最初で,キャンベル家の剣が折れた時もそれなりに凹んでいましたが。ここまで圧倒的に蹂躙されたことはないでしょう。自分が女であると言うこと,無力感を刻み込まれるセシリー。彼女の強さの源は愚かしいまでの真っ直ぐさであると思うので,これは結構辛いです。

CIMG9762.jpg

何か,AAになりそうなw相変わらず,この作者容赦がないというか。原作自体,容赦がないのですが,それを見事に絵にしている,という印象です。

CIMG9764.jpg

一応,ぼかしを入れてみました。ただひたすら蹴られ,顔を踏まれ,殴られ。一方的な暴力に憎悪,自分の無力感を感じてしまうセシリー。

CIMG9765.jpg

セシリーがここまで弱さを見せることがあっただろうか,ってくらいの展開。ここは本当に辛かった。

CIMG9766.jpg

さらにこれですからねwこの巻,割とエロかった気がします。

ただ,ここから,自分の使命を思いだし,立ち直るセシリー。立ち直るの,早すぎないか?って気もしますがいつまでもうじうじさせていても仕方ないですしね。あくまでフィクションです。そして,その強さこそがセシリーの最大の武器のような気がします。レジナルドは,セシリーの専売特許は「魔剣」と言っていましたが。

おまけのエロシーンw

CIMG9755.jpg

 

初登場?のキャラ紹介。レジナルドです。

CIMG9749.jpg

ここだけ見たら嫌なヤツっぽいですが。セシリーが立ち直ったのは彼の一言からですし,実は誰よりもセシリーを買っている一人ではないかと思います。原作5,6巻の展開,とかですね。

そして,セシリーの心が蹂躙されたこの巻ですが,セシリーとルークの関係も少し変わってきています。

CIMG9750.jpg

団長の一言。ルークが未だに心の中で思うリーザ。セシリーはそのことを心から痛感することに。こう考えると,結構踏んだり蹴ったりですね。

CIMG9756.jpgCIMG9757.jpg

二人がこのことで,ここまで気持ちをぶつけ合ったのは初めてかもですね。セシリーはもう完全にルークのことを好きですね。この後,苦難の道が待っているというのに(ノД`)

CIMG9759.jpg

ルークの気持ちが,未だリーザにとらわれていることに涙するセシリー。恋する乙女ですね。

CIMG9761.jpg

それでも,こう言い切れるセシリーは素敵だと思います。この後,あの展開になるわけですがw

CIMG9767.jpg

とはいえ,ルークもかなりセシリーを意識しているようで。もうすぐしたら「俺の女」発言が聞けそうな展開ですね。

CIMG9768.jpg

セシリーとっては,きつい展開の連続でしたが,最後にこんなご褒美が待っているのだから,乗り越えてきた甲斐があるってものです。そして,ラストのセシリーの笑顔の美しさが素敵です。

とはいえ,セシリーにとって本当の苦難はここからも果てしなく続いていくのですが。

 

全体の感想。相変わらずの高い画力がとにかく目に引きます。コミック独自の展開,とかはないと思うのですが,とにかく原作の描写を忠実に描写しています。ルーク対シーグフリードの戦いに関しては,短いながらもど迫力。思わず息を飲んでしまうかのような展開でした。セシリーに対する暴力表現も容赦ないですし。

その一方で,可愛く描く場面はとにかく可愛く。ラストのセシリーの笑顔は,こちらまで幸せになってしまいそうで,思わず見とれてしまいました。

こんなに恵まれたコミカライズ,殆どないのではないか,と感じるほど素晴らしく感じます。これ,いつまでもいつまでも読んでいきたいなぁ,と感じさせてくれました。原作読む時間がない方は,こちらを読んで良いレベルですよ。


ブログパーツ

『聖剣の刀鍛冶 4』(マンガ版)/山田孝太郎 [マンガ]

実家に帰ってきたら、案の定ラノベを一冊も読まなかった私ですwと言うわけで、今回もマンガのご紹介。

 

聖剣の刀鍛冶 4 (MFコミックス アライブシリーズ)

聖剣の刀鍛冶 4 (MFコミックス アライブシリーズ)

  • 作者: 著/山田孝太郎
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2010/09/22
  • メディア: コミック

 

 


あぁ、原作の続きが読みたいなぁ、と言う感じの『聖剣の刀鍛冶』(マンガ版)の最新巻です。

マンガ版は、とにかくマンガを描いていらっしゃる方の画力が高く、非常に満足できる内容となっています。この巻もそれは相変わらずで(当たり前ですがw)、大満足でした。

CIMG8611.jpg

この巻は、ラノベ版で言うと3巻に入ったところでしょうか。ヴァルバニルの復活が迫っていること。封印のために、聖剣が必要なこと。そして、強力な敵となる「人外兵器」の登場まで描かれていました。

とにかく、セシリーが可愛く描かれているのが好印象。

CIMG8612.jpg

そして、セシリーの愚直なまでの真っ直ぐさも。まぁ、おそらく次の巻でそれがシーグフリードによって折られるシーンがあるんでしょうがorz

CIMG8614.jpg

まだこの頃、セシリーはルークのことを意識しているものの、その気持ちを認めることができない、と言う段階です。それがまた初々しくて素敵でしたwそのうち、「私の男」とか言い出すのにw

もう一つ。この方の特徴として、残虐に描くところはしっかりと描く、と言うところがあると思うのですが、それは今回も健在。ルークの父の死や、リーザの死も、しっかりと描いています(こちらは多少ぼかした感じになっていますが)。何かと規制規制の世の中ですが、やはり描くべき場面は描かないとなぁ、と思うので、凄く満足でした。

CIMG8613.jpg

そして、この巻ではリサも活躍、と言うか、頑張っていますね。自分の気持ちを正直に打ち明けることができたリサ。原作の方でも、この辺からリサの覚悟のための準備が始まっていたように感じます。リサの「共に失っていきましょう」という台詞は意味深だなぁ、と思います。あれ、ルークが失明しそうだ、ってのは何巻で出てきたかな?

CIMG8617.jpg

原作が大好きなので、ストーリーはもちろん面白い、というのは分かっています。そこに、素晴らしい絵が載って、ますます素晴らしい作品となっているような気がします。正直、ここまで恵まれたコミカライズ作品が、どれほどあるんだろう、と言うくらいに素晴らしいです。アニメの方は、何か色々中途半端に終わっちゃったのですが、原作、マンガ共にますます今後に期待です。

CIMG8618.jpg

それにしても、早く続きが読みたいwアリアorzルークorz


ブログパーツ
nice!(29)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

『路地恋花 2』/麻生みこと [マンガ]

本日2回目の更新です。

 

路地恋花(2) (アフタヌーンKC)

路地恋花(2) (アフタヌーンKC)

  • 作者: 麻生 みこと
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/09/07
  • メディア: コミック

 

 


大人気なのか、五島の方では買うことができず(入荷してないだけ、と言う可能性もありw)。結局ネット通販で手に入れることができました。

京都を舞台に、長屋に住む職人達の恋物語を描いた物語の第2弾。1巻が凄く好きだったので、楽しみにしていましたが、2巻も変わらず面白かったです。

2巻には、6話から10話の5話を収録。9話と10話が前後編なので、4つの恋物語を収録、という感じでしょうか。

どのお話も面白かったですが、今回特筆すべきは、1巻でも描かれた、喫茶「夏菊」の井沢とナオミの恋の結末を描いた「夏菊 その2」でしょう。1巻でも、素晴らしい話でしたが、この「夏菊 完結編」とも言うべきこの話も素晴らしかったです。1巻で夏菊に寄りついてしまったナオミでしたが、自分のケーキを喜んで食べてくれる人を見て、フランス留学を決意。夏菊から遠ざかってしまいます。そして、残された井沢の元には、彼の運命を変える人が現れて。

もう、なんと言うか、このお話がむずがゆいというかw最後が美しくて、素晴らしいです。もう、読み終わった後に、すぐに1巻を発掘。続けて読み返してしまうくらいにお気に入りになりました。いやぁ、本当に幸せな結末で良かったですよw

CIMG8610.jpg

そして、もう一つ印象的だったのを上げるとすると、7話の「佐倉家」でしょうね。こちらは、果たして恋といえるのか、という感じの内容。はかない、と言うか淡いようなお話。しかし、最後は暗くない。きっと、彼女の中で彼の残したものが生き続けるんだろうなぁ、と言う感じで。これはこれで、一つの思いの形、という感じで好きです。

他の2編も惹き付けられるお話でした。まぁ、私の中で評価が少し落ちたのは、きっと結末がギャグ調だったから、と言う事だと思います。いや、オチは面白かったですし、笑えましたよ。でも、自分は恋物語に美しいものを求めているんだろうなぁ、そんな思いがしました。

 

2巻も素敵な話ばかりで。最近マンガをあんまり読んでない私ですが、間違いなくおすすめできる一つだと思います「叶っても、叶わなくても、恋は美しい。」と帯に書かれていますが、まさにそうですねwできたら、叶った方がそれは私も嬉しいですが、自分の全てをぶつけられるから、お互いの気持ちがぶつかって、一つになるから私は恋物語が好きだし、特別なものに感じるんだろうなぁ、そんな思いがしました。

長屋の職人の物語。出ていく人がいれば入ってくる人がいて、次々と様相が変わっています。そこに、新しい物語が生まれ、わたしたち読者を楽しませてくれることと思います。とにかく、続きが楽しみな作品です。


ブログパーツ
nice!(26)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

『ブルーフレンド』/えばんふみ [マンガ]

久しぶりのマンガの感想ですよw一体いつぶりか思い出せないくらいに。本当はもっと書きたいんですけども、読書メーターに感想簡単に書いたら、それで満足しちゃう感じがあってw

 

ブルーフレンド 1 (りぼんマスコットコミックス)

ブルーフレンド 1 (りぼんマスコットコミックス)

  • 作者: えばん ふみ
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2010/09/15
  • メディア: コミック

 

 


一部で話題になっていて、読んでみたいなぁ、と思いつつ購入できていなかったのですが、ようやく購入できました。さすがは田舎w普通に本屋に売ってあるしw30過ぎの男がりぼんマスコットコミック買うの恥ずかしいし(しかも、買ったのはこれ1冊)wレジは高校の同級生(♀)だしw何か、色々修行ができました。

 

中学2年生の栗原歩はクラス変えで、どこか影のある美少女・月島美鈴と出会う。隣の席になった歩は、美鈴に話しかけるがはじめはすげない答えが返ってくる。しかし、それでも話しかけるうちに、2人は親しくなり、だんだんお互いに惹かれていくことに。

何が凄いって、りぼんマスコットコミックの帯に「この百合マンガが凄い!」とか書かれていることが凄いですwただ、これは百合ではないよなぁ。23歳IT関係の方(♂)の「これは良い百合マンガ」って意見が載せられていますが、これが完全にミスリードになっているような。

 

作者自身は「思春期に、人には言えない悩みを抱える女の子たちの繊細な気持ちを表現できたら・・・」と言う事ですが、これが一番この作品のテーマを言い表している気がします。友達なんだけども、でも友達以上の感情、というか。友情以上、愛情未満、という感じがします。

で、この巻は久しぶりにできた友達に対する精神的依存と、その依存に対して、どう接するべきかの悩み、という感じでした。どうも、1話のキスとその後の引きが衝撃的で、それで「百合マンガ」と思ったんでしょうね。と言うか、あれは誤解するわwただ、中学生くらいだったらやるんじゃないかな?私の中学生の時も、クラスメイトでよく抱きついたりしている友達いましたけどねw愛情ではなく、深愛、という感じでw特殊な例を持ち出すな、と言われたら、誠にその通りなのですがw

展開としては、オーソドックスだなぁ、と感じました。友情の始まりも、友達は悪口を言うけれども、主人公はその子がほっとけなくて。結局そのことで、2人の関係が強くなっていって、という感じで。で、酷い男の登場で、2人の関係性が強まって、と言う流れは、ありがちだなぁ、と思いました。あ、ありがちですが、キライってわけじゃないですよ。むしろ、お約束は好きなのでw正統派の展開、と言えばいいのかな?何か安心します。

最初の3話くらいは、若干重い感じがするけども、でも良い流れだなぁ、と思っていましたが、そこからまた重くなりましたね。特に、美鈴の過去を知る東五月が出てから、ですかね。過去を知られたら歩に嫌われてしまう、と嫌われたくない、と依存を強める美鈴。そして、その美鈴に対して、友達だという思いがあるのだけれども、本当に友達なのか、と言う疑問が生まれて、駄目だと思いつつ、きつい言葉を浴びせてしまう歩。うーん、この辺重いなぁ、と。この展開をりぼんで描いた、と言うのがまた興味深いですが。

 

百合マンガ信じて買うと、ちょっと肩すかしかな、と思います。ただ、思春期の女性の複雑な心を描いた作品、としてはなかなかおもしろかったと思います。ちょっと重いかなぁ、という感じもしますが。この辺は女性が描いた作品だからこそ、といえるでしょうね。これは男性では描けないでしょうw

絵柄も、瞳の描き方が私の印象に残りましたが、それ以外はりぼんっぽい絵柄だなぁ、と感じました。まぁ、言うほどりぼんを知っているわけではないのですがwただ、私は好きな絵です。

五月の登場で、お互いの気持ちの齟齬を感じることになった歩と美鈴。果たして、2人の関係はどうなっていくのか。非常に気になります。2011年早春発売、ってことは、2月か3月くらいでしょうか?非常に気になるし、楽しみです!コミックスの2巻のあおり(物語の果てにあるのは、絶望か、希望か-)を見る限り、2巻で完結するのかなぁ?もっとも、あまり引き延ばすタイプの話ではないと思うので、2巻でまとまるならきっちりまとめるのが正解だと思います。

この巻では、一方的な依存で終わってしまいましたし、できることなら、お互いがお互いに寄り添っているような、そして成長していくような関係になって欲しいなぁ、と願うばかりです。


ブログパーツ
nice!(23)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

コミックスもいろいろ出ていますね [マンガ]

そんなわけで、コミックスを買ってきました。

CIMG7633.jpg

絶チルの21巻限定版。

CIMG7637.jpg

ハヤテのごとく!23巻&24巻サービスパック。

CIMG7641.jpg

で、金剛番長。

本当は、クロスゲームの画集付き限定版も欲しかったけど、そのとき予約できずに。今は発送待ちですwお店で買った方が良かったかもですね。

さてさて、ハヤテのごとく!の方は、23巻と24巻で一つの表紙になるようになっています。CIMG7638.jpg

こんな感じ。うーん、ナギが可愛くない・・・・・・。ヒナギクも可愛くない・・・・・・orz

で、これと同じ柄のシールがついています。

CIMG7640.jpg

が、これをどうしろ、とw絵敵に微妙なのに、これがシールになっても、という感じです。ただ、2冊買う分の金額でついてくるんだから、お得と言えばお得、かな?ところで、コミックスの金額、いつから440円になったんでしょう?前は、420円だった気がするんだけどなぁ。ずっとbk1で買っていたから気にしなかったんですよね。

絶チルの方は、DVDつき。

CIMG7634.jpg

これが、DVDのパッケージですね。

CIMG7635.jpg

3人とも大人になったなぁ。

CIMG7636.jpg

裏ジャケ。15分ですが、ほとんどが総集編みたいな感じで、OVAの先取り映像は、1分くらいかな?

で、さぷりめんとの特別編がついています。なんて自虐的なネタなんだろうw

CIMG7642.jpg

さらにポストカード付き。

CIMG7643.jpg

 

さて、DVDの中身ですが。

vlcsnap-2010-04-18-12h13m46s4.jpg

いきなりNYw

vlcsnap-2010-04-18-12h14m25s152.jpg

で、タイトルバック。

vlcsnap-2010-04-18-12h14m44s89.jpg

って、執事通信かよw葵が「執事通信より低予算何じゃ」とか突っ込んでいました。

で、まずはそれぞれが思い出を振り返る、と言う形での1期映像。

vlcsnap-2010-04-18-12h16m00s81.jpg

なんか、大人っぽいw

vlcsnap-2010-04-18-12h22m25s77.jpg

これが最終的にどうなるか。運命の日が早く来て欲しいような、来て欲しくないような。

vlcsnap-2010-04-18-12h22m31s155.jpg

小学生の時の薫には全然興味がなかったけど、中学生編から可愛く思えてきた私w

vlcsnap-2010-04-18-12h23m28s202.jpg

次は、葵。葵はあんまり変わっていないような。主に、胸とかバストとか膨らみとか。

vlcsnap-2010-04-18-12h26m10s22.jpg

葵は学校での思い出がメインでしたね。この遠足の話はすごく好きです。原作の方は。アニメの方は・・・・・・w

vlcsnap-2010-04-18-12h26m45s124.jpg

最後にデレたw 「あんたのためじゃないんだからね」って、最近テンプレ化しすぎて、全く何も感じませんw

最後は、紫穂。

vlcsnap-2010-04-18-12h27m28s42.jpg

って、黒いwさすがは紫穂w

vlcsnap-2010-04-18-12h28m50s96.jpg

で、思い出もこれですか。

vlcsnap-2010-04-18-12h29m13s82.jpg

でも、この話、すごく好きだったりします。

vlcsnap-2010-04-18-12h29m26s207.jpg

いやぁ、懐かしい。

vlcsnap-2010-04-18-12h29m31s254.jpg

ココまであからさまにパクって良いものかとw

vlcsnap-2010-04-18-12h29m41s95.jpg

小型テレビ入りポテチですねw

vlcsnap-2010-04-18-12h29m44s130.jpg

懐かしいなぁw

vlcsnap-2010-04-18-12h30m07s104.jpg

紫穂は、ヤンデレだそうですw

vlcsnap-2010-04-18-12h30m39s166.jpg

最後には、兵部少佐も出てきてOVA先取り映像のご紹介。

vlcsnap-2010-04-18-12h32m34s24.jpg

いやぁ、これ見るだけで楽しみで仕方ないw

vlcsnap-2010-04-18-12h32m51s195.jpg

あれ、皆本?

vlcsnap-2010-04-18-12h33m07s108.jpg

この人も登場。OVAに引き続き、2期も期待したいところです。もちろん、スタッフは変わらずにお願いします。ナベシンはあれですがw

 

まぁ、あくまでファン向け、といった感じですね。この内容でこの値段、ファンでないと高いと感じるかもです。前回のDVD特典みたいに、インタビューとか入れてくれていたら良かったのに、とか思いました。

 

ちなみに、本編の方は、どれも面白かったですよw

15才未満は見てはいけないおまけ


ブログパーツ

『ゆびさきミルクティー』の新刊がキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!! [マンガ]

8巻の発売予定が伸びてから早3年(くらい)。発売予定に載せられても信じなかった。だって、また延期するかも知れないから。この手に取るまでは信じまいと思っていた。

そして、ついにキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

シェリル002.jpg

あ、間違ったwこっちでした。

ゆびさきミルクティー表紙.jpg

と言うわけで、雑談を交えつつ、ゆびさきミルクティーのご紹介でもしようかと思っています。おつきあいいただける方は、追記までお願いします。

続きを読む


ブログパーツ