So-net無料ブログ作成
検索選択
ゲーム ブログトップ

『涼宮ハルヒの追想』感想 [ゲーム]

お久しぶりの更新となります。先日購入しました

CIMG9979.jpg

涼宮ハルヒの追想(PSP版)の感想をお送りします。といっても,内容は,Twitterで呟いたものをまとめただけなのですが(^^ゞ

まずは,限定版の内容から。

CIMG9980.jpg

箱を開けるとこんな感じです。

中には,クリアポスターが3枚。

CIMG9981.jpg

追想のジャケット

CIMG9982.jpg

涼宮ハルヒの約束のジャケット。懐かしいw

CIMG9983.jpg

涼宮ハルヒの戸惑のジャケット。やっぱり懐かしいw

CIMG9984.jpg

ゲームアーカイブブック。追想だけではなく,戸惑と約束の情報も載っています。水増し水増しw

スティックポスターが3枚。

CIMG9985.jpg

みくるさん,お美しいw

CIMG9986.jpg

長門は俺の嫁w

CIMG9987.jpg

ハルヒはやはり自信満々でないと,ですねw

ちなみにこのポスター,裏は飛び出すメガネをかけると立体に見えるようになっています。最近何でもかんでも3Dですね。

付属物はまぁまぁな感じですかね。

 

以下,本編感想です。

ストーリーはかなり良かった。それこそ原作に入れても良いんじゃないか、と思うくらい。アニメにしても面白そう。

テーマは、SOS団かな?キョンが飛ばされた48時間しかない世界で、SOS団が絆を取り戻していくのは、かなり良かった。SOS団のメンバーと心が通い合う度に写真を撮る場面があって,そのたびにCGが挿入されるのだが。3人で始まった写真に5人そろった時はかなり満足感があった。

原作を上手く絡めているので、ファンならニヤリとする展開も良かった。

あと、妹には結構笑わせてもらった。「キョンくんがフィクサー気どってるよ」(うろ覚え)は、あまりに的確すぎて、激しく笑った。さすがキョンの妹と言うべきか。恐ろしい才能だよ。キョンのツッコミもまた面白かった。さすがは杉田くん。

とにかく、ストーリーは大満足。消失見た人、原作ファンはやって後悔ないと思う。
唯一の不満はゲームシステムか。

次元ブックマークを任意に設定し、入手したものを全て持った状態で好きな時間に帰れるのは、システムとして面白い。感じとしては,「YU-NO」のシステムに似ているみたいだ。ただ,私が「YU-NO」をプレイしたことが無いので,本当に走であるかは分からないことは御了承いただきたい。そして,システムとしては面白いんだけども、分岐が分からないと先に進めないのは困った。

最終的には、総当たりになっちゃうんだよね。私は最初のハルヒ引き止めの方法が分からず、攻略サイト頼ることに。サイト見ながらだと、8時間くらいでクリアできたけど、見なかったら3倍くらい時間がかかった気がする。あまりに方法が分からなくて,一時期昔懐かしの「コマンド総当たり式」という言葉が浮かんだのは内緒。

次元ブックマークを適切に使えば、効率的に攻略出来る。ただその位置が分からないんだよね。最初に次元ブックマークを設置して、アイテム手に入れるたびに最初に戻る、という手もあるが。恐ろしく面倒くさい手だけども。それ考えると、既読スキップはもっと速くて良かったな。

ストーリーは面白いのに、どこでアイテム手に入れたらいいかとか分からず、ストレスがたまった。かなりもったいない。同時に,自分もヌルゲーマーになったものだ,と反省もした。

音楽はあんまり覚えていない( -.-)OPが冒険でしょでしょだったのは良かった。ならば、EDは「ハレ晴レユカイ」か、「優しい忘却」かと思ったら、ジムノペディの1番だったのは意表をつかれた。なして?

総評としては、ストーリーはいい。ただし、ゲームシステムがそれを削ぐかも。ストーリーを楽しみたい人は、攻略サイト推奨します。マジで。私は大満足でした。2周目は寄り道を沢山してコンプリートしたい。

 

ということで,今回は以上です。


ブログパーツ
ゲーム ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。