So-net無料ブログ作成

figma 江頭2:50で遊んでみた [figma]

普段は別のブログでfigma関連はやっているのですが、今回はただポーズを撮影しているだけなので、こちらで紹介したいと思います。

DSC02868.jpg

それでは追記に行ってみよう!

続きを読む


ブログパーツ

2月14日はバレンタインですね。 [figma]

皆様にとって、幸せな日になりますように。








これだけだと、ちょっとあれなんでw

バレンタイン_008.jpg
ブログパーツ

figma「立花響」で遊んでみた [figma]

お久しぶりです。最近忙しくてブログを全然更新できなかったですが、今回時間がとれたので、先日届いていたfigmaで遊んでみました。新しいパソコンと現像ソフトの試用も兼ねてw

DSC01940.jpg

「ちゃんとみなきゃだめだよ」

そんなことはありませんがwおつきあいいただける方は追記までよろしくお願いします。

続きを読む


ブログパーツ
nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

figma「レオンミシェリ・ガレット・デ・ロワ」 [figma]

2012-08-01 09.01.34.jpg

「萌え萌えキュン」

何となくやった。反省はしている。

追記にて、閣下の出番です。今回は、本当に少しです。御了承ください。

続きを読む


ブログパーツ
nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

figma人形劇「ハナザー王決定戦!!」 [figma]

久しぶりの人形劇ですが、その前に。

DSC01598.jpg

マミったー!(マミさんが届いたー!的な意味ですw)

figmaマミさんが届いたので、ちょっと遊んでみました。

DSC01600.jpg

きっと多くの方がやっていることでしょうw

DSC01597.jpg

「みんな死ぬしかないじゃない!!」

DSC01602.jpg

マスケット銃六本。

DSC01604.jpg

マミさんらしいです。

 

これだけしか撮ってないw

さて、追記にて人形劇です。

続きを読む


ブログパーツ

figma人形劇「これ、前も同じようなネタ見たよ?」 [figma]

お久しぶりの人形劇です。1話作って2話以降作ってないのがあるなぁ、と思うのですが。今回は新作です。内容は、同じようなものやっていますがw

と言う訳で、始まります。

figma人形劇_001.jpg

figma人形劇_002.jpg

本編は、追記にて! 

続きを読む


ブログパーツ

figma「暁美ほむら」で遊んでみた(ちょっとだけ) [figma]

figma「暁美ほむら」が発売されて少し経ちますが、ようやくさわって遊ぶことができましたので、ご紹介を。

DSC01401.jpg

全体像。個人的にこの状態で「フルアーマーほむほむ」と名付けて飾っています。フルアーマーユニコーンみたいにごてごてしてくれたら最高だったのですが、そこまではなかなかw

DSC01403.jpg

バズーカ発射!劇中でも使っていて、なかなか印象に残っています。

DSC01404.jpg

ワルプルギスの夜を狙い撃ちますよ。

DSC01406.jpg

アニメだと、魔法少女に成り立ての時、最初に選んだ武器だったかな?ゴルフクラブもついています。

DSC01407.jpg

「死になさい」無表情で打ち付けるほむほむ怖いw

DSC01408.jpg

こいつなら仕方ないかw

暁美ほむら_001.jpg

ドカッ!(コミPo!で加工しています)

DSC01415.jpg

こちらも原作で使用していた時限爆弾。さやかちゃんにだめ出しされていましたけどもw

DSC01417.jpg

投げつけるような感じで。

DSC01420.jpg

ほむほむの装備その4。拳銃。これは、時間停止能力を使った上で、警察署から盗んでいましたね。

DSC01422.jpg

パンッ!とQB射殺。

DSC01425.jpg

ほむほむ☆仮免許。この微妙なネタが伝わるのかw

ほむほむの初期、魔法少女に成り立ての時のお下げ頭と赤のアンリムのメガネ。赤のメガネが素敵ですw

DSC01427.jpg

「ほむらちゃん、怖がらなくて大丈夫だよ」

DSC01428.jpg

「こ、これでいいの?まどかちゃん?」

「そうそう」

 

何となく、最終回のイメージで。

DSC01434.jpg

まどか「大丈夫だよ」

ほむほむ「なんでだろう。なんだか……大丈夫な気がする……」

何となく、まどかがほむほむを襲おうとしているように見えるのはなぜだろう?w

DSC01435.jpg

「もう何も恐くない」

これなら大丈夫かな?と言う事でリテイク。

DSC01436.jpg

「ほむらちゃんはひとりじゃない。大丈夫だよ。いつでもそばにいるから」

 

そして、ワルプルギスの夜が現れる日。

DSC01437.jpg

「私がワルプルギスの夜を倒す。まどかを魔法少女にさせない!」

 

DSC01438.jpg

ワルプルギスの夜出現!(代役:ドアラさん)

DSC01439.jpg

「これでどう?」

暁美ほむら_002.jpg

暁美ほむら_003.jpg

「あ、効いた」

DSC01445.jpg

「そして、これはおまけよ」

DSC01447.jpg

「さようなら、ドアラ。あなたは歯ごたえがなかったわ」

暁美ほむら_004.jpg

こうしてワルプルギスの夜ドアラは倒されたのでした。

 

こんな展開が見たかった。

DSC01451.jpg

「まどか!」

DSC01452.jpg

まどか「ほむらちゃん」

ほむほむ「まどか……本当に良かった……。ぐすっ」

まどか「泣いちゃダメだよ。ほむらちゃん。嬉しいときは、笑わないと」

ほむほむ「そうよね……。お帰りなさい、まどか」

まどか「うん、ありがとう。ほむらちゃん」

劇場版でこんな展開を見たいような、こうなったら興ざめするようなw

DSC01455.jpg

END

 

 

おまけ

DSC01458.jpg

ALTIMA!w何となく撮ってみた。反省はしているw

(参考画像)

WS001451.JPG

DSC01460.jpg

こっちの方が良いかな、と思って撮り直したw

 

「暁美ほむら」について。かなりできがいいな、と言う印象。まどかは個人的に首が長いのが目立っているように思います。そのため、可愛く見せるのがかなり大変。その点、ほむほむは普通にしてちゃんと可愛い。普通に経たせているだけでも絵になるような感じです。装備も豊富ですし、これはかなりおススメのfigmaだと思います。

 

以上。figma「暁美ほむら」でした。


ブログパーツ

最近買ったフィギュア(千石撫子)&figma(鹿目まどか)紹介 [figma]

本日は、最近買ったものの紹介です。とはいえ、撫子は再版、まどかもあんまり写真を撮れていないので、まとめてご紹介したいと思います。

まずは撫子から。Amazonで5912円になったところで購入しました。

DSC01099.jpg

まずは全体から。これはなかなか良いものですね。

DSC01095.jpg

アップ。困ったようにも見えるし、弱々しく微笑んでいるようにも見えるし。何とも言えない表情だと思います。が、可愛いw

DSC01093.jpgDSC01092.jpg

何となく撮ってみた。1枚目が絞り優先、2枚目が確かビビッドモードで撮影です。1枚目が自然でいいかな?

DSC01100.jpgDSC01101.jpg

この肉が食い込んだ感じがまたwマニアックですなw

キャスケット?とジャケットは取り外せるようになっています。

DSC01104.jpgDSC01106.jpgDSC01107.jpg

でも、二つともつけてない方が個人的に好きだったりw

DSC01108.jpg

おへそちらり。おへそ見えないけどw

DSC01111.jpgDSC01114.jpgDSC01115.jpgDSC01116.jpgDSC01119.jpgDSC01123.jpgDSC01131.jpg

4枚目の角度が一番好きかも知れません。

感想ですが、値下がりしていたので購入してみたわけですが、かなり満足しています。部屋に飾って毎日眺めていたり。疲れた時の癒やしですねw

さて、今月予定の八九寺真宵が楽しみですw

 

次は、figma鹿目まどか。

DSC01133.jpg

何か、首の位置が気になる仕上がりになっています。それなりにカバーできる方法もあるのですが、それをやるとポージングが制限されるのが。うーん、首はfigmaの欠点だなぁ、と思ったり。

DSC01136.jpg

杖もしっかり持てないので結構ストレスたまります。何とかして欲しかったところですが。とはいえ、これは弓に比べたら問題ないレベル。

DSC01137.jpg

きりりとした表情。

DSC01139.jpg

私、未だに『魔法少女まどか☆マギカ』を見ていないので、適当にポージング。いつも適当ですがw

DSC01141.jpg

最大のくせ者、それが弓。屋を持たせるのにも一苦労、弓はその形状故にかっちり持つことが出来ないため、くるくるくるくる回りやがります。それがまたストレスの種に。この辺、何とかして欲しかったなぁ、と思うところです。

さて、弓の先は……

DSC01143.jpg

新旧平成魔法少女対決wあるいは魔法少女vs魔砲少女

DSC01146.jpg

矢も一瞬で蒸発させそうな予感w

DSC01149.jpg

「あああぁぁぁ……。なに、これが魔女の力……」

DSC01151.jpg

「魔女じゃないよ。魔法少女だよ」

DSC01152.jpg

まどかの運命は……。続かない!

 

このおびえ顔はなかなか楽しいです。

DSC01157.jpg

「な、なに?この人……オーラが違いすぎる……」

DSC01158.jpg

お約束。

DSC01164.jpg

こっちの方がしっくり来るかな?何も持ってない方が、恐怖を引き立てる気もしますけども。

まどかの方は、杖、首以外にも気になるところが少々ありました。スカートとか。とはいえ、まぁまぁ遊べそうかなぁ、という気がします。とはいえ、武器はストレスがたまるので人形劇では使えないかなぁ、という感じ。おびえ顔からのヒーロー登場、というパターンかな?

 

という訳で、今回は写真少なめですが、これにて。


ブログパーツ

figma人形劇「憎しみの代償」 [figma]

あれの続きもしないといけないなぁ,と思いつつ新しいネタを次々投入,なfigma人形劇です。毎度おなじみ,ヤマなしオチ無し意味なしでお送りします。

早速,figma人形劇「憎しみの代償」どうぞ。大仰なタイトルですが,ようはいつもの感じですw

 

20XX年。日本は荒れていた。

CIMG9863.jpg

仮面ライダーの出現である。ある日,鏡から現れた彼らは,その戦いの場を現実世界へと移行。周りの被害にかまうことなく,いつ終わると知れない激しい戦いを繰り広げた。

CIMG9864.jpg

人々は,仮面ライダーを恐れた。

CIMG9866.jpg

仮面ライダーはバックルからカードを取り出し,それを用いることで武器や防具などを召喚した。

CIMG9867.jpg

この力に対して,人類はあまりに無力だった。

CIMG9868.jpg

あまりの力の差に,人々が諦めてしまうのはあっという間だった。

CIMG9870.jpg

触らぬ神にたたりなし。仮面ライダーの戦いは,あくまでも仮面ライダー同士に限られていたためである。

CIMG9871.jpg

彼らに手を出さなければ大丈夫。それが人々の共通認識だった。そんな中,悲劇が起こる。

CIMG9872.jpg

龍騎「喰らえーー!!」

律「えっ?」

CIMG9873.jpg

一人の少女が戦いに巻き込まれたのだった。

「運の無い少女」「可哀想だけども……」人々はそうささやいた。そして,その少女の死は,悲しい事故として人々は扱った。

…………一人の少女を除いては。

CIMG9875.jpg

ムギ「律ちゃん,どうしてこんなことに。律ちゃん。返事して。ねぇ!私ね。軽音部に入って,いろんなコトを知ったんだよ。勤労の喜び。仲間と同じ時間を過ごす楽しさ。同じ目標に向かってがんばる気持ちよさ。やり遂げた時の充実感。……それも,全部律ちゃんがいたから。律ちゃんが軽音部を再開しようとがんばってくれたから知ることができたんだよ。だから,私,律ちゃんに凄く感謝しているの。……普段は照れくさいけども,でも律ちゃんに伝えていないけど,伝えたい感謝の気持ちがたくさんあるの。……だから,ね?私の気持ちを聞いてくれないかな?律ちゃん……。わたし……こんなの嫌だよ……。こんなのってないよ……」

ぐすっ

………………

…………

……

CIMG9876.jpg

ムギ「……それじゃあ,律ちゃん。さようなら」

CIMG9877.jpg

ムギ「生きられなかった貴方の無念,私が張らすから」

 

そして,少女の戦いが始まったのです。

無謀な戦い。普通の人はそう思ったでしょう。しかし,彼女に宿った憎しみの炎は,ちょっとやそっとでは消えるものではありませんでした。彼女の手に握られた一丁のハンドガン。それと彼女の肉体のみが,彼女の武器。ライダーの力に比べ,あまりに小さいそれらを武器に,彼女は戦いを挑んだのでした。

CIMG9878.jpg

ガイ「あー。ったりいなぁ。そろそろ,ライダー一人刈っちゃおうかなあ」

ムギ「手を上げなさい」

CIMG9879.jpg

ガイ「ん?君誰?僕のこと,ライダーって分かってやってるの?ハハハ,笑える。そんなハンドガン一丁で僕に勝てるつもり。そのジョーク,笑えないんだけども」

ムギ「ジョークじゃ無いわ。私はマジメよ。そして,貴方はもうすぐこの地面に這いつくばって,おのれの過信を後悔しながらあの世に旅立つことになるわ」

ガイ「ハハハ,その冗談,全然面白くないよ。君,センス無いね」

CIMG9881.jpg

ガイ「そんなに死にたいなら,殺しちゃおうかなぁ?ちょうど退屈していたんだよね」

ムギ「ちょうどよかった。死んだら退屈を感じないわよ。よかったわね」

ガイ「ハハハ。全く持って笑えないよ。笑えないねぇ」

アドベント

CIMG9882.jpg

ガイ「さて,僕は優しいから,泣いて謝れば,特別に許してあげるけども。さぁ,泣けよ!謝れよ!醜く!哀れに!みすぼらしく!僕の足下に跪いて,命乞いしろよ!」

ムギ「必要ないわ。むしろ,貴方が命乞いしたら?私は助けてあげないけども」

ガイ「ふーん,まだそんな態度なんだ。じゃ,自分のバカさ加減をかみしめながら」

CIMG9883.jpg

ガイ「死ねよっ!!」

ガシッ

CIMG9884.jpg

ムギ「何それ?スローモーション?」

ミシッ

ガイ「が,莫迦な!僕の必殺の一撃を!!」

CIMG9885.jpg

ゴトッ

ムギ「あれが必殺の一撃?ふふふ,それこそ面白くないジョークね。センス無いわよ,貴方」

ガイ「何だ,この力!?本当に人間か!?」

ミシッ

ムギ「あら,失礼な人。私は悪魔に魂を売り渡した貴方と違って,全身隅々くまなく普通の人間よ」

CIMG9887.jpg

ムギ「貴方に冥土の土産に教えてあげる。必殺の一撃って言うのは,こういうのを言うのよ」

バキッ

ガイ「……ッハ!!」

CIMG9889.jpg

ムギ「これでとどめ」

バキューン

ガイ「そんな……このぼくが……にんげんなんかに……」

CIMG9890.jpg

ムギ「あっけなかったわね。でも,これで1体」

人間がライダーに勝利した歴史的瞬間でした。そして,これが少女の戦いが幕を開けた瞬間でした。

CIMG9897.jpg

ライア「喰らえっ!」

ムギ「そんなの喰らってやる義理は無いわ」

ライア「くそ,ちょこちょこと」

ムギ「では,私から」

ライア「くっ」

CIMG9898.jpg

ムギ「ムギ的ーー!!」

CIMG9899.jpg

ムギ「かかと落とし」

メコッ

ライア「……ッ」

CIMG9900.jpg

ライア「……」

ムギ「あらあら,情けない。これ,まだオードブルのつもりだったんだけどなぁ。まぁ,いいか。これで2体目」

CIMG9891.jpg

王蛇「俺を馬鹿にしたこと,地獄で後悔しろ」

ムギ「ワン,ツー,スリー。なんちゃって」

CIMG9892.jpg

ムギ「ライダー」

王蛇「なにっ?」

CIMG9893.jpg

ムギ「キック!」

ドンッ

王蛇「グホッ」

CIMG9894.jpg

ムギ「粗暴な割に,打たれ弱いのね。情けない」

こうして,次々とライダーを打ち倒していったのです。

……しかし,所詮は生身の人間。体が悲鳴を上げていたことに,彼女は気づいていませんでした。

……この瞬間までは。

CIMG9895.jpg

ムギ「あれ?からだにちからが……はいらな……」

バタン

CIMG9896.jpg

ムギは,倒れてしまいました。

彼女の命運はここでつきる,と誰もが思うことでしょう。ムギ自身,そう思っていました。そして,最後に律の敵を果たせなかったコトを後悔しながら,意識が深い闇の中に消えていこうとしたその時でした。空から謎のメカが現れました。

ムギ「貴方は?」

KOS-MOS「私の名前はKOS-MOS。あなたの思いの強さに惹かれたもの」

ムギ「私の思い?」

KOS-MOS「そう。あまりに暗いその思いの源泉はどこにあるのか?」

ムギ「それは。私は,死んだ友だちの敵を取りたい。こんなところで止まるわけにはいかない。でも,体はその役目を終えようとしている。それが悔しい!このまま,終わるわけにはいかない!」

KOS-MOS「なるほど」

ムギ「ねぇ?貴方天使?悪魔?」

KOS-MOS「私はただのロボット。そのような存在では無い」

ムギ「何でもいいや。お願い。私に復讐を完遂する力をちょうだい」

KOS-MOS「できなくはない。しかし,そのことが貴方を幸せにするとは思わない。そして,それを完遂することが,死んだ友だちとやらの願いだとも思わない」

ムギ「そんなの分かってる!でも,そうでもしないとやってられないの。私の心は引き裂かれそうになるの!」

KOS-MOS「このまま死ねば,その思いも消える」

ムギ「それはできない!」

KOS-MOS「なぜ?」

ムギ「それは,私が人間だからよ。たとえ,肉体を失っても,この思いは消えない」

KOS-MOS「非科学的」

ムギ「でも,私はそう信じてる。だから,お願い。私に力をちょうだい」

KOS-MOS「……分かった。貴方の言う思いとやら,見届けたくなった」

ムギ「ありがとう」

KOS-MOS「幸い,私はこの場に体を2つ持っている。このうちの一つを貴方にあげる。この力を使えば,この星の人間で,貴方に敵うものはいなくなるはず。でも」

ムギ「でも?」

KOS-MOS「貴方は死ぬことができなくなる。永遠に戦うこと宿命を背負うことになる。それでも良いのか?」

ムギ「復讐が果たせるのなら,それでも良いわ」

KOS-MOS「貴方の意志の強さは理解した。次に目を覚ました時には,貴方は最強の力と最低の運命を背負った存在として蘇っているだろう」

ムギ「面白いわ。その二つ,背負ってみせる……」

KOS-MOS「暫くおやすみなさい」

 

数時間後

CIMG9901.jpg

ムギ「これが,最強の力と最低の運命を持つ私の体。凄い。力があふれ出す。この力なら,いける!」

CIMG9902.jpg

シザース「何だ?お前?」

ムギ「貴方を永遠の安らぎに誘うもの,かしら?」

シザース「なにいってんだ?お前?」

ムギ「所詮かに味噌ね。頭が悪い」

シザース「なんだと!お前!」

ムギ「あら,ごめんなさい。まさか悪口が通じるほど知恵があるとは思わなかったわ」

シザース「死なす!」

CIMG9904.jpg

シザース「何だ?全然しまらねぇ」

ムギ「あら,それじゃ,指圧にもならないわよ?」

シザース「何だ,こいつどうなっているんだ……」

ムギ「確かに,最強の力ね,これ」

CIMG9905.jpg

ムギ「そして,力の使い方が分かる」

シザース「何をするつもりだ?」

ムギ「相転移砲」

CIMG9906.jpg

ムギ「D・TENERITAS」

シザース「ぐわあああぁぁぁぁ」

CIMG9908.jpg

ムギ「凄い!この力なら,ライダーを全て消し去ることも可能……」

×××「そこまでだよ」

ムギ「誰?」

CIMG9909.jpg

ゾルダ「君かい?最近ライダー狩りをしている人間って言うのは?」

ムギ「そうよ」

ゾルダ「ライバルの数を減らしてくれたことには感謝するけども。でも,このままだと面白くないんだよね」

ムギ「あら,貴方もバトルマニアなの?」

ゾルダ「バトルマニアってほどでも無いけども。でも,敵との戦いが無いと刺激が無いでしょ?それは僕の望むところじゃないから。適度な刺激って人生に大切なんだよ」

CIMG9912.jpg

ムギ「そう,じゃあ,刺激をあげようかしら?」

ゾルダ「君が?どうやって?」

ムギ「最後に教えて上がる。無から有を取り出せるのは」

CIMG9913.jpg

ムギ「あなたたちだけではないわ」

ゾルダ「っ!!」

ムギ「紳士的なつもりなのかも知れないけども。先に撃たなかったこと。ついでに言えば,シュートベントを使わなかったのが貴方の敗因ね」

CIMG9914.jpg

ゾルダ「くそっ!!」

ムギ「遅い!とどめよ!F・GSHOT!!

ドガガガガガガガッ

CIMG9916.jpg

ムギ「アハハハハッ」

CIMG9917.jpg

ゾルダ「グハッ」

CIMG9918.jpg

ゾルダ「悪魔……め……」

ムギ「悪魔で……いいよ。あなたたちを滅ぼすために,私は悪魔の力を手に入れたのだから……」

ゾルダ「俺たちを滅ぼして……どうな……」

ムギ「そんなこと……分かってるわ……」

ムギ「とにかく,これで5体目。残りは2体。気を抜かないようにしないと。奴らを滅ぼすためなら,私は……」

 

別の日。

CIMG9919.jpg

ムギ「貴方がナイトね。貴方の命,今日までよ」

ナイト「お前が噂の,か」

ムギ「本当に噂になっているのね。光栄だわ」

CIMG9920.jpg

ナイト「数多くのライダーを打ち倒したらしいが。俺が休ませてやろう」

ムギ「私は休まないわ。あなたたち,ライダーをこの世から消すまでは。むしろ,貴方を休ませてあげる。終わりの無いライダーバトルで疲れたでしょう?」

ナイト「俺も,自分の願いを叶えるまでは倒れるわけにはいかない。さぁ,来い!!」

CIMG9921.jpg

ムギ「さすがは騎士様。騎士道を貫くって感じかしら。でも,それでゾルダも敗れ去ったんだけども」

ナイト「それは,ヤツが弱かっただけだ」

ムギ「あら,手厳しい。それじゃ,貴方も私を楽しませてくれるの」

CIMG9922.jpg

ムギ「かしら?」

ナイト「クッ!」

アドベント

キンッ

ムギ「私のハンドソードを,剣で受け止めるとは。やるわね」

ナイト「それはどうも」

バッ

CIMG9924.jpg

ナイト「それでは,次はこちらだ!」

ムギ「全力の突き。素晴らしい気合いね。でも……」

CIMG9925.jpg

ナイト「もらった!!」

ムギ「甘いわ。どうして,ファイナルベントで来ないのかしら?」

CIMG9926.jpg

ナイト「なん・・・だと・・・?とらえた……はず……?」

ムギ「誰かにも言ったわね。それで誰かを殺すつもりなの。遅すぎるのよ」

CIMG9927.jpg

ムギ「じゃ,さよなら」

ナイト「間に合わない!」

CIMG9928.jpg

ズシャ

ナイト「無念……」

CIMG9929.jpg

ムギ「これであと一人」

CIMG9931.jpg

ムギ「さぁ,貴方よ」

CIMG9932.jpg

ムギ「龍騎さん」

龍騎「えぇっ?」

CIMG9933.jpg

ムギ「貴方を殺せば,私の戦いは終わる。そう,私の復讐は完遂するの」

龍騎「もう止めるんだ。こんなコトして何の意味があるんだ?」

ムギ「あら,命乞い?ライダーでは初めてね」

龍騎「違う!君は心優しい女の子だったと聞いた!」

ムギ「そうだった時期もあったかも知れない。でも,今の私はアベンジャー。あのときの琴吹紬は,死んだわ」

龍騎「違うっ!」

ムギ「違わないわ。私はもう琴吹紬では無い何か。機械の体を手に入れてまで,あなたたちを滅ぼすことを誓った悪魔」

龍騎「違うっ!!」

ムギ「しつこいわね。いい加減にしつこいと,こちらから行くわ」

龍騎「くそっ!もう,言葉は通じないのか!!」

アドベント

CIMG9935.jpg

龍騎「それなら,彼女の無力化する!!」

CIMG9936.jpg

ムギ「やれるものならやってみなさい」

CIMG9937.jpg

龍騎「行くぞ!」

ムギ「来なさい!」

CIMG9938.jpg

ムギ「あら,早いわね」

龍騎「この一撃でっ!!」

ムギ「でも,私の一撃の方がもっと早いわ」

CIMG9939.jpg

キンッ

ムギ「受け止めた。初めてのパターン。やるわね」

龍騎「うおおおぉぉぉぉ!!!」

CIMG9940.jpg

ムギ「えっ?」

龍騎「これで!」

CIMG9941.jpg

龍騎「回転の勢いをそのまま」

ムギ「っ!」

CIMG9942.jpg

龍騎「相手の意識を奪うっ!!」

ドカッ

CIMG9943.jpg

龍騎「はぁ,はぁ……。この一撃を食らって,立ち上がれるわけが無いはず……」

CIMG9944.jpg

ムギ「まさか,一撃を食らうことになるとはね。いくら,いつもの無傷で勝利パターンじゃ芸がないからと言って。私だって一撃喰らえば,それなりに痛いのだけれども」

龍騎「馬鹿な!!」

ムギ「さっきの一撃,殺しに来るつもりでやっていたら危なかったかも。でも,意識を奪うことが目的だったから,若干攻撃が鈍っていた。スパロボで言うと,てかげんがかかっている状態。まぁ,貴方の場合は,技量が圧倒的に劣っているから,効果は無いのだけれども」

龍騎「しかし,脳を攻撃したのに!!」

ムギ「私は悪魔と契約をしたのよ。この程度で,意識を手放すわけ無いわ。意識を手放すとしたら,それはあなたたちを滅ぼした後のコトよ。

CIMG9945.jpg

ムギ「それにしても,良い一撃だったわ。褒めてあげる。そのご褒美に,私の全力全壊,見せてあげる」

龍騎「この子,本当に悪魔だって言うのか?」

ムギ「悪魔よ。復讐に取り憑かれた悪魔。それはいいの。……いくわよ?」

龍騎「くっ!」

CIMG9948.jpg

ムギ「フッ!」

龍騎「その攻撃は,さっき無駄だと分からなかったのか」

CIMG9949.jpg

ガキンッ

CIMG9950.jpg

龍騎「先ほどと結果は同じだ!」

ムギ「ふっ。それはどうかしら?」

龍騎「何っ?」

CIMG9951.jpg

ムギ「貴方が回転の勢いなら,私も回転の勢いで行くまで」

龍騎「なん・・・だと・・・?」

CIMG9952.jpg

ムギ「さぁ,嘆きなさい!絶望しなさい!」

龍騎「早いっ!!」

CIMG9953.jpg

ガンッ

龍騎「グッ!!」

ムギ「あら,盾で受け止めるなんて。あの体勢からやるわね」

CIMG9954.jpg

ムギ「でも,これで盾は砕けたわ。後は貴方を砕く」

龍騎「体勢がっ!!」

CIMG9955.jpg

ムギ「ドラゴントゥース」

龍騎「くっ!見ていることしかできないのか!」

ムギ「tran○-am」

CIMG9956.jpg

ムギ「ライザー」

龍騎「大きいっ!!なんて出力だ!!」

CIMG9957.jpg

ムギ「ソード!」

ザシュッ

龍騎「グハッ……」

CIMG9958.jpg

ムギ「さよなら」

龍騎「これで君の戦いは終わりか……?これからどうするん……」

ムギ「これからなんて知らないわ。このときのために生きてきたんだから」

CIMG9959.jpg

ムギ「……」

このとき,ムギの心を覆っていたのは,充実感では無く,虚無感でした。

元々,復讐で始まったこの戦い。敵を倒したところで,律が帰ってくるわけでは無く,律が喜ぶわけでは無い。そして,この体では,軽音部として戻ることもできない。

全てを捨てることは分かっていた。全てを理解したつもりだった。しかし,それでも彼女はその虚しさが心を覆うことを封じることができませんでした。

いえ,むしろ進んでそれを味わっていたのかも知れません。自分の行ってきたことの罪をかみしめるために。

そして,人間世界に帰れないことを心に刻むために。

CIMG9960.jpg

ムギ「ふぅ。分かっていたけれども」

ジャキッ

CIMG9961.jpg

ムギ「虚しいものね」

ダダダ

ドアラ「グッ!グッ!グッ!」

CIMG9964.jpg

ムギ「でも,これは私が決めたことだから。私が全て受け止める」

ダダダダダダダッ

ドアラ「ッッッッ」

CIMG9965.jpg

ムギ「もう,帰れない……。それがこんなに耐えがたいなんて,ね。ごめんね,唯ちゃん,澪ちゃん,梓ちゃん。ごめんね,律ちゃん」

CIMG9967.jpg

「相転移砲 D・TENERITAS」

ムギ「さようなら」

ドアラは息をしていませんでした。

CIMG9969.jpg

ムギ「私は修羅の道を行くわ。人間に害するものを滅ぼす。二度と,私みたいに馬鹿なことを考える人間が現れないように。それが私への罰。こんな体まで手に入れて,復讐を誓った私の,生きる道」

CIMG9972.jpg

この日以後,彼女を見たものはいませんでした。

彼女の友だちを始め,多くの人々が彼女の行方を追いました。しかし,誰一人彼女を見つけることができませんでした。

女子高生の失踪事件はテレビでも取り上げられました。口さがないマスメディアは,失踪,誘拐,監禁,拉致……。

始めはマジメに放送していましたが,やがておもしろおかしく放送しました。そして,しばらくはこの話題で盛り上がったものの,やがてテレビで扱われることは無くなりました。

そして,彼女に近しいもの以外の人々の記憶から,彼女の事件は忘れ去られてしまいました。

そして,彼女に近しいものたちも,数年も経つと彼女が生きていると信じるのみになっていました。

CIMG9973.jpg

しかし,いつの頃からでしょうか。人々の間で,密かにささやかれるようになった都市伝説がありました。

それは,町の平和を乱すものが現れると,一人の少女が現れ,その存在を滅する,というものでした。

目撃したものは殆どいませんでした。しかし,数少ない証言を総合すると,彼女はブロンドの髪。白を基調とした機械の体を持ち,数々の武装を用い,容赦なく相手を滅ぼす,と。そして,彼女が現れた後には,平和を乱すものが消滅している,と。

そして,目撃者が口をそろえて言うことがありました。それは,常に寂しそうな,満たされないような。

そんなほほえみをいつも浮かべていた,ということでした。

いつしか人々は,一時期メディアを騒がせた女子高生に似た彼女を,MU-GIと呼ぶようになりました。

 

 

今日も夜の闇の中,白い巨体の少女が駆け抜けるのでした。

おしまい。

 

 

ということで,長くなってしまいましたwいかがだったでしょうか。「KOS-MOSが泣いているwww」とか言われましたが,やりきりました(`・ω・´)キリッ

いや,案外似合っていると思うんですけどね。

290965518.jpg

企画当初の画像。意外とボディと頭のサイズがあっていると思うんですよw似合うか似合わないかは別問題としてw

最後に,KOS-MOSの画像でも。

CIMG9974.jpg

この振り向きの画像が絵になるなぁ,と思った次第。

CIMG9976.jpg

手にはドラゴントゥース。

CIMG9978.jpg

その冷たい瞳に映る世界は,どんな色をしているのか?

KOS-MOS,パーツも豊富で出来もよく,かなり遊び甲斐がありそうです。

 

値段も高いですが,それ以上の満足度があると思いますよ。前髪パーツが取れやすい?のが少し気になるくらいですかね?私みたいに部屋が汚いと,落としたら紛失の可能性があるので(^^ゞ

殆どムギの頭を刺して遊んでいた私が言うことではありませんねw

 

ということで,figma人形劇でした。今後の予定ですが,今後は買うfigmaを絞ろうと思っていますので,新作を使ったものは減る予定です。とりあえず,今予約しているのが八九寺真宵(×3)だけなのでwドラゴンナイトは全部買う予定ですが,それ以外は私の財布と要相談でw自ずと人形劇の回数も減るかも知れませんが,あしからず。

って,そもそもブログの更新回数事態落ちてますけどねw

<P.S.>そういえば,いつの間にか600記事達成していたみたいです。ここまでこれたのは,ひとえに皆様がこのつたないブログを見てくださり,あまつさえコメントまで残してくださるおかげです。

今は,コメントの返事が出来ておりませんが,大切に,愛おしむように読ませていただいております。本当にありがとうございます。

この記事で601記事目。とりあえず,700記事を目指してがんばっていきたいと思います。

今後ともよろしくお願いします<(_ _)>

長くなりましたが,これにて。


ブログパーツ

figma人形劇 「やっつけ」 [figma]

はい,タイトルの通り,やっつけ仕事ですw最近,figma人形劇やってないなぁ,とか,2話をそろそろやらないとなぁ(シナリオはできている)とか思いつつ,この有様ですよwいつもと比べておとなしめですねw今回のメインテーマは,最近出番が薄いあの人をかっこよく!です。最後におまけもあります。

それでは,figma人形劇「やっつけ(仕事で作ったよ)」どうぞ。

CIMG9774.jpg

ドアラ「今日は僕が主役だよ。ぽぽぽぽーん♪」

ドカッ

CIMG9775.jpg

○○「ンなわけねぇだろう。俺をイライラさせるな」

ボフッ

CIMG9776.jpg

○○「みっともない野郎だなぁ。こいつ,これでもモンスターか?」

CIMG9777.jpg

G-3「何をやっている!」

○○「なんだこいつ?こいつもライダーか?……イライラするな」

ファイナルベント

CIMG9778.jpg

G-3「な,なんだっ!!うわあああ」

ダダダダダン

CIMG9779.jpg

○○「ち,こいつもこの程度か。所詮,まやかしもの,ってことか。イライラするぜ」

CIMG9781.jpg

王蛇「あぁ,イライラするぜ。どこかに俺を満足させるヤツはいないのか!」

○○「あら,そんなにイライラするの?」

CIMG9783.jpg

ムギ「栄養がたりていないのかしら?そんなわけでもなさそうだし。戦いの中でしか,自分を見いだせないタイプね。今時絶滅危惧種の」

王蛇「何をぶつぶつ言っている?」

ムギ「何にも?」

CIMG9784.jpg

ムギ「じゃあ,私が相手をしてあげましょうか?」

王蛇「あぁ?」

CIMG9785.jpg

王蛇「舐めるな!小娘!」

CIMG9786.jpg

パシッ

王蛇「何・・・だと・・・?」

ムギ「ほんと,血気盛んね。そんな悪い子は」

CIMG9787.jpg

ムギ「飛んで行っちゃいなさい」

王蛇「なにっ!」

 

CIMG9788.jpg

ドスン

王蛇「グハッ」

ムギ「あらあらうふふ。だらしない」

CIMG9789.jpg

王蛇「お前,なかなかやるな。しかし,俺をこけにした罪はどうなるか分かっているんだろうな」

ムギ「あら,怖い。どうなっちゃうのかしら,私」

CIMG9791.jpg

王蛇「生きて帰れると思うな!」

ソードベント

CIMG9792.jpg

王蛇「さて,お前は生身だ。何か武器くらい使ったらどうだ?」

ムギ「あら優しい。でも,あなたごとき,我が身一つで大丈夫よ」

王蛇「この俺を,ごとき,扱いか。その傲岸不遜。後悔させてやろう」

ムギ「じゃぁ,私が井の中の蛙大海を知らず,って言葉を教えてあげる」

CIMG9793.jpg

王蛇「言ったなっ!!」

CIMG9795.jpg

パシッ

王蛇「なにっ!」

ムギ「あら,これって攻撃だったの?あまりに遅いから,フェイントかと思っちゃった」

CIMG9796.jpg

王蛇「ならば,叩きつけるまで!」

CIMG9798.jpg

パシッ

ムギ「こんなのじゃ,生えも殺せないわよ?」

王蛇「何だ……こいつ……!」

CIMG9799.jpg

王蛇「ならばっ!」

ムギ「あら,どうするのかしら?」

ダッ

ムギ「なるほど,ダッシュの勢いを攻撃に付け足すのね。でも,その程度じゃ,結果は変わらないかな?」

CIMG9800.jpg

パシッ

ムギ「ほら」

王蛇「かかったな」

ムギ「え?」

CIMG9801.jpg

王蛇「ほら!ボディががら空きなんだよっ!!」

CIMG9802.jpg

王蛇「死ねっ!!」

ムギ「っ!しまっ!!」

CIMG9803.jpg

ムギ「とか言ってみたりしてみたり」

フッ

トンッ

王蛇「何・・・だと・・・?俺の拳の上に……乗った……?そんな事をできる人間が……」

ムギ「だから言ったでしょ。井の中の蛙大海を知らず,って言葉を教えて」

CIMG9804.jpg

ムギ「あげるって!!」

バキッ

王蛇「グフッ」

CIMG9805.jpg

ムギ「あら,結構綺麗に入っちゃった?」

王蛇「……。………ぐ」

ムギ「あら,意外とタフ?」

CIMG9807.jpg

王蛇「グオオオォォォォォ!!」

CIMG9806.jpg

王蛇「許さねぇ!!お前,イライラさせるぜ!!このイライラはお前の命でしか収められそうにない!!覚悟しろ」

ムギ「本気になっちゃった?これは要注意,かな?」

ファイナルベント

CIMG9808.jpg

王蛇「死ねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」

ムギ「それじゃ,私も」

CIMG9809.jpg

ムギ「ハイッ!!」

ドガッ

CIMG9810.jpg

王蛇「ば,莫迦なーーー!!!」

ムギ「……ふぅ」

CIMG9811.jpg

王蛇「……。ぐぐ」

ムギ「あら,まだ意識があるのね。本当にタフ。じゃぁ,今のうちに。これに懲りたら,誰彼かまわず倒して回っちゃダメよ」

王蛇「お前……何者だ……?」

ムギ「私?」

CIMG9813.jpg

ムギ「ただの,女子高生よ」

王蛇「……」

ムギ「あら,気を失っちゃったかな?……あら大変。そろそろみんなと待ち合わせの時間だ。間に合うかなぁ?」

 …………

……

Fin.

 

まぁ,王蛇もたまにはこんな扱いでも良いよねw

figma 仮面ライダーストライク

figma 仮面ライダーストライク

  • 出版社/メーカー: Max Factory
  • メディア: おもちゃ&ホビー

ちなみに,王蛇ってのは『仮面ライダー龍騎」での名前であり,figmaの商品名は「仮面ライダーストライク」です。アメリカで制作された,『KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT』に準拠しているんですねw

 

 

おまけコーナー。

買ったは良いけど,なかなか開封する時間がなく。部屋の肥やしとなること早数ヶ月。ようやく,奴らの出番が来た。

CIMG9814.jpg

ライヴステージセットですよ!一緒に,まだ箱を開けていないムギのねんどろいどもあったのですが,それは無視ですよw

さっそく開けてみました。開けただけですのであしからず。こんな感じでした。

CIMG9816.jpg

澪と律セット。澪の笑顔が印象的w衣装がGOSICKですねw

CIMG9819.jpg

唯とムギセット。この写真では分かりづらいですが,ムギの衣装がマジで可愛いです。ムギちゃんマジ天使w(白々しい)

CIMG9826.jpg

横に並べると壮観ですね。この中に,あの天使がいないのがあれですがwあずにゃんのライヴステージセットでないかなぁ?

 

さいごのおまけ。うちではやらないわけにはいかないだろう,ってことで。

houkago.jpg

「軽ぅおん部でーーす!!」画像の合成がうまくなくて申し訳ない(^^ゞ

 

この後,ライヴステージセットは静かに箱に戻しましたとさw置く場所がないので(^^ゞ

次は,けいおん!のねんどろいどが全部そろったことなので,通常版でやってみようかな?それだったら,あずにゃんがいても違和感がないですし。それくらいしないと,ムギを箱から取り出さない気がしますしw

 

それでは。次の人形劇でお会いしましょう。さよならさよならさよなら。


ブログパーツ