So-net無料ブログ作成
検索選択

『ももとせ花火』/久光景 [学研]

本日紹介するのはこちらです。

 

ももとせ花火 (メガミ文庫)

ももとせ花火 (メガミ文庫)

  • 作者: 久光 景
  • イラスト:べっかんこう(AUGUST)
    出版社/メーカー: 学研パブリッシング
  • 発売日: 2010/05
  • メディア: 文庫

 

 

高校1年生で歴史同好会に所属する楠那央は幽霊が見える体質。そんな彼女が,友だちである本条ちとせのお見舞いに行ったとき,彼女の先祖を名乗る幽霊と出会い,衝撃的な事実を聞かされる。それは,このままだと,ちとせが8月16日に死んでしまう,と言うもの。しかし,そんな彼女の命を救う方法が一つだけあると,その幽霊・長尾栄之進は告げる。それは,彼女が8月15日までに恋人を作ること。それによって,彼女の運命が変化し,彼女は生きることができるという。
しかし,彼女は男性にあまり興味がないという。しかし,このままではちとせは死んでしまう。そして,ちとせを大切に思う那央は決心をする。ちとせと歴史同好会の部長である西江秀利をくっつけることを。しかし,部長の西江は那央の思い人。愛情と友情の間で揺れ動きつつも,ちとせの命を守るために,がんばり続ける。果たして,ちとせはどうなるのか。そして,那央の恋心は。

 

イラストがべっかんこうさん,と言う事で購入してみた本作です。この作品「第2回メガミノベル大賞」銀賞&べっかんこう賞ダブル受賞,と言う事で,べっかんこうさんがイラストを担当したようですねw

感想を一言で言うと,「惜しいっ!」この一言に尽きます。とにかく惜しい。途中までおもしろかったのに,今年読んだ中でトップ10くらいに入るかな?と思うほどに面白かったのに,最後の最後で大失速をしてしまって,「悪くないけどねぇ」くらいの感想になってしまいました。本当にもったいない。

序盤は那央の心の動きが秀逸だったんですよね。友だちであるちとせは大切だし,命を助けたい。死んで欲しくない。しかし,短い間で彼女の恋人にするには,部長の西江しかいない。西江は自分の思い人。自分の気持ちが痛むんだけども,悲しさがあふれるんだけども,でも友だちの命に代えることはできない。ただ,自分の気持ちを殺せば良いんだ。この辺の描写が秀逸で,那央の気持ちに惹き付けられて,こちらまで胸が苦しくなるような感じでした。自分の気持ちを殺せばいい,とは思うものの,そう簡単に気持ちを諦めきれずに,時折恋心があふれてしまって,自分ではどうしようもなく苦しくなってしまうところとか,特に。

ところが,西江先輩に協力を求めるようになってからがよくなかったです。と言うのも,まずこの辺から那央が苦しむことがさっぱりなくなったんですよね。「え,もう諦めちゃったの?」と思うほどに。ちとせの命を救うために,精一杯だった,と思えばいいのでしょうが,しかし,あれだけ苦しんでいた自分の気持ちとキレイさっぱり決別をしてしまうところが腑に落ちませんでした。

そして,序盤で感じていた文章の理解しにくさ。これが後半顕著になってきたのが致命的でした。幽霊が見える体質那央が,他の亡霊に襲われ,幻覚を見る場面があるのですが,その場面とか一体何が起こっているのか分からなかったんですよね。せめて,場面の切り替わりとかに一行開けるとかしてくれたらよかったんですけども,それがなかったために一体何がなにやら,という感じでした。そもそも,この幽霊に襲われて幻覚を見る場面自体が必要だったのか,と言う疑問も残るのですが。この辺がもったいないなぁ,と感じました。ラストの場面なんて,一体何を言っているのか,結局何が起こったのか3回くらい読んでもよく分かりませんでしたし。暫く時間をおくと,「あぁ,もしかしてそういうこと?」と思うものはあるのですが,それが果たして正解なのか?デビュー作,と言う面をおいてもちょっと残念でした。この辺,担当さんがもう少し手を入れてあげれば,と思わないでもなかったです。

と言う訳で,前半はもう自分の中で最高潮に盛り上がったのですが,後半一気に盛り下がってしまいました。悪くはないんですけどね。悪くはないんですけども,もっと面白いものにできたはずなのに,と言う想いが残ってしまいました。オチも,なんだか予定調和というか,「え,それで良いの?」という感じで微妙に納得できなかったりしましたし。

ただ,非常に良いものを持っている方だと感じましたので,これからの作品に期待したいです。幸い,読みにくさ,と言うものは鍛えれば改善できるものでありますし。ですので,是非とも2作目も出してほしいものです。

 


ブログパーツ

『雑魚神様』/鳥村居子 [学研]

本日紹介する作品はこちらです。

 

雑魚神様 (メガミ文庫)

雑魚神様 (メガミ文庫)

  • 作者: 鳥村 居子
    イラスト:月神るな
  • 出版社/メーカー: 学研パブリッシング
  • 発売日: 2010/09
  • メディア: 文庫

 

 

第2回メガミノベル大賞金賞受賞作品。私自身,2冊目のメガミ文庫です。1冊目は,『魔法少女リリカルなのは』ですw

神との戦いに敗れた八咫烏は,天照大神からの力の供給を止められ,消え去ろうとしていた。その時,現れた謎の神。自分のことを「おまがり様」と呼ぶ,あまりに弱々しい力を持つ,少女の姿の神は自分の力を八咫烏に分け与えることで,八咫烏の消滅を止める。八咫烏はこのことから,自分の主を天照大神から,「おまがり様」へと変える決意をした。
それからどれくらいの時が流れたか。八咫烏は,神力を失ったことで,人間に認知されるようになったために,おまがり様を守りながら人間の中で暮らすようになっていた。そして,おまがり様は,段ボールの中で過ごすようになっていた。そんなある日,おまがり様に届いた1通の手紙。
「四月の古守八幡神社のお祭りが成功しますように」
そう書かれた手紙を見たおまがり様は,その願いを叶えるために,八咫烏と共に福岡に向かうのだった。

 

という感じのお話。

まず,物語としては日本神話をベースにした話,と言うのがおもしろいと思いました。ギリシャ神話とかあそこらへんは多い気がしますが,日本神話だけ,となると意外と少ないような気がします。それをベースに,お祭りを成功させるために,敵の妨害を受けつつ行動するうちに,「おまがり様」の正体に近づく,という感じでした。いろいろな神が出てきて,少しずつ真相に迫っていく,と言うのがよかったです。

で,この話で個人的に面白いなぁ,と思ったのが3点あります。まず1つ目ですが,「おまがり様と八咫烏の組み合わせ」が面白い,と言う事。

一見ょぅι゛ょのおまがり様と,30代の修験者風の八咫烏。犯罪の香りすらするようなこのコンビですが,いいコンビだったなぁ,と思います。おまがり様は,人間も神も大嫌い,八咫烏だけいればいい,と言う状態で,依存しすぎの感じもしますが,お祭りの成功のために一人で働く八咫烏を見て,自分も働こうかなぁ,と言う気になる姿が可愛いなぁ,と思いました。一方の八咫烏は,おまがり様に命を救って貰った恩からか,自分に何があってもおまがり様を助ける,と言わんばかりの様子。いつもおまがり様を気にかけている様子が何かよかったです。おまがり様を運ぶために,段ボールを背中に背負う修験者風の男って,妖しすぎないか,と思ったりもしますがw

2つ目。八咫烏の能力として「同種好転原理(ホメオパシー)』を持ってきたところです。

八咫烏は,天照大神から離れたことで,多くの神力を失っています。その彼が得た力が,おまがり様を助けたい一心で得た「同種好転原理(ホメオパシー)」です。ですが,ホメオパシーって,今では何か妖しい感じのする民間療法の一つですよね。妖しいというか,非科学的,と言うか。それを,意図的か意図的ではないかは分かりませんが,能力に持ってくるところが凄いなぁ,という感じがしました。実際問題,使っているシーンも何かあやしげでしたがw

3つ目。これが一番この作品でお気に入りの点なのですが,八咫烏と依深のやりとりが面白かった,と言うところです。

物語のウェイトとしては,断然おまけ程度の扱いなので,ちょっとしかないのですが,これが個人的に大変ツボにはまりました。依深は,腐女子属性のある声優オタ,と言う設定です。で,八咫烏に色々なんかいろいろな知識を吹き込んでいるところと,依深のバイタリティが面白かったですw八咫烏にお土産としてアニメイトととらのあなとメッセサンオーの予約特典と初回限定版と通常版に付いてくる全部で6種類のドラマCDを買ってこさせたりとか,チケットぴあにもイープラスにもローソンチケットにも会員登録させる人間ってどうよ,ってところですよw そして,依深の「通販特典と店舗特典とメーカー特典は異なるので全て入手する必要がある」と教えられ,それをメモして,また一つ賢くなったように思えた,と思うような八咫烏の生真面目さと,ばかばかしさ。これが凄くツボでした。

残念なところを挙げるとすれば,デビュー作であるからか,まだまだ文章がこなれておらず,ちょっと固いように感じるところでしょうか。ただ,作品自体が伝記っぽい感じなので,これはこれで正解なのかも知れませんが。何か,特に会話文ですが,上滑りしているような,イマイチキャッチボールできていないような感じを受けてしまいました。

あと,少し冗長だったかなあ,と。もう少し内容絞って,短くしたらもっとすっきり読めて良い作品になったのではないかなぁ,と思ってしまったところもあります。

とはいえ,この辺は少し気になる,程度なので問題ないです。最後,おまがり様が真の姿を現し,自分の正体について語るシーンはなかなか素敵でした。

 

メガミ文庫自体,取り扱いが小さいようですし,なかなか手に入らないかも知れませんが,もう少し多くの人に読んで貰いたい作品だなぁ,と思いました。読書メーターだと,私で読んだ人が11人だったのですorzでも,非常に良質な,いいお話だったなぁ,と思います。


ブログパーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。