So-net無料ブログ作成
検索選択

『終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか? ♯05』/枯野瑛 [角川]

(あらすじ)

ヴィレムは約束を守れず〈月に嘆く最初の獣〉(シヤントル)の結界は崩壊した。正規勇者(リーガル・ブレイブ)の命と引き替えに長い眠りについていた幼い星神(ほしがみ)は、その余波で空魚紅湖伯(カーマインレイク)とはぐれ、記憶を封じられたびれむと共に仮初めの平穏な日々を過ごす。その日、〈穿ち貫く二番目の獣〉(アウローラ)が浮遊大陸に降り注ぐことになるまでは――。〈獣〉に対するのは、アイセアとラーントルク。死にゆく定めの少女妖精たちと青年教官の、終末最期の煌めき。次代に受け継ぐ第一部、幕。

 

文庫版



 

Kindle版



 

 

感想は追記にて。

続きを読む


ブログパーツ
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『灰と幻想のグリムガル level.8 そして僕らは明日を待つ』/十文字青 [オーバーラップ]

〈作品紹介〉

TVアニメ話題沸騰!!

幾多の危機を越えグリムガルへの帰還を果たしたハルヒロたち。
しかし、戻ってきたとはいえ、出口の先は人間族の勢力圏から遠く離れた土地だった。
偵察に出たハルヒロとユメは、幸運にもクラン「暁連隊(DAYBREAKERS)」に所属する〝颱風(タイフーン)〟ロックスたちと出会う。
だが彼らはある目的のため、オークや不死族の集団と戦っており、ハルヒロたちも、更には残っていたランタとメリイ、クザクとシホルの4人も別々に行動し、戦闘に巻き込まれてしまう。
ようやく戻ってきた世界でも、待っていたのは仲間と更なる出会いと戦いだった。

灰が舞い、幻想を越えた先に何が待つのか、いまはまだ誰も知らない。 

 

文庫版



 

Kindle版


灰と幻想のグリムガル level.8 そして僕らは明日を待つ (オーバーラップ文庫)

灰と幻想のグリムガル level.8 そして僕らは明日を待つ (オーバーラップ文庫)

  • 出版社/メーカー: オーバーラップ
  • 発売日: 2016/03/25
  • メディア: Kindle版

 

感想は追記にて。

続きを読む


ブログパーツ
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『世界の終わりの世界録 6:終焉の精霊』/細音啓 [メディアファクトリー]

〈作品紹介〉

伝説の英勇エルラインが遺した至宝「世界録(アンコール)」。その在り処を世界中の国や旅団が探し求める時代――冥界に突如現れた沈黙機関の手により、終焉の島へ向かうために必要な悪魔法印を奪われてしまったレンたち「再来の騎士」追い詰められた事態の中、レンは、ある秘策に望みを託して結界突破に挑む。時を同じく、終焉の島を目指して集結する王立七十二階位特務騎士団(エルメキア・ダスク)と沈黙機関。世界の終わりと始まりが交響曲(シンフォニー)を織りなすその場所で熾烈を極める世界録争奪戦。そして偽英勇は、英勇しか知らない世界の真実と出会う。「こんな世界のままで終わらせない。俺が絶対、アンタの目指した未来まで辿りつくから」――いま、最も王道を行くファンタジー、衝撃の第6弾!

 

文庫版


世界の終わりの世界録(アンコール) (6) 終焉の精霊 (MF文庫J)

世界の終わりの世界録(アンコール) (6) 終焉の精霊 (MF文庫J)


 

Kindle版


世界の終わりの世界録<アンコール>6 終焉の精霊<世界の終わりの世界録<アンコール>> (MF文庫J)

世界の終わりの世界録<アンコール>6 終焉の精霊<世界の終わりの世界録<アンコール>> (MF文庫J)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / メディアファクトリー
  • 発売日: 2016/02/25
  • メディア: Kindle版

 

感想は追記にて

続きを読む


ブログパーツ
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

いつか世界を救うために 2 -クオリディア・コード-/橘公司(Speakeasy) [富士見]

〈作品紹介〉
暗殺対象である神奈川序列第一位・天河舞姫の突然の来訪。二人っきりになる絶好の機会であるにもかかわらず、動揺する紫乃宮晶。ストーキングの証拠満載の舞姫グッズで埋め尽くされた部屋を隠し通せるのか―。さらには四天王入りを果たしたことで、「神奈川伝統の寝起きドッキリでね!」今度は逆に舞姫たちからストーキングを受けることに!?そして明らかになる衝撃の事実―「シノって…女の子だったの?」「そうだが」新世代ボーイ改めガール・ストーキング・ガール!!
 
文庫版 
 
 

いつか世界を救うために (2) -クオリディア・コード- (ファンタジア文庫)

いつか世界を救うために (2) -クオリディア・コード- (ファンタジア文庫)


 
Kindle版 


 
 
感想は追記にて 

続きを読む


ブログパーツ
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『ただ、それだけでよかったんです』/松村涼哉 [アスキー・メディアワークス]

〈作品紹介〉

第22回電撃小説大賞<大賞>受賞作! 

壊れてしまったこの教室で、一人ぼっちの革命がはじまる――

頂点に輝いた空前の衝撃作!!

 

ある中学校で一人の男子生徒Kが自殺した。『菅原拓は悪魔です。誰も彼の言葉を信じてはいけない』という遺書を残して――。

自殺の背景には"悪魔のような中学生"菅原拓による、Kを含めた4人の生徒への壮絶なイジメがあったという。だが、Kは人気者の天才少年で、菅原拓はスクールカースト最下層の地味な生徒。そして、イジメの目撃者が誰一人としていなかったこと。彼らの接触の証拠も一切なかったことなど、多くの謎が残された。なぜ、天才少年Kは自殺しなければならなかったのか。

「革命は進む。どうか嘲笑して見てほしい。情けなくてちっぽけな僕の革命の物語を――」

悪魔と呼ばれた少年・菅原拓がその物語を語り始めるとき、そこには誰も予想できなかった、驚愕の真実が浮かび上がる――。

圧倒的な衝撃、逃れられない感動。読む人全てを震わせ4,580作品の頂点に輝いた衝撃作。 


ただ、それだけでよかったんです (電撃文庫)

ただ、それだけでよかったんです (電撃文庫)


 

感想は追記にて。 

続きを読む


ブログパーツ
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。